ロバ日記

飲食店にアレルギー表示を義務化するのは難しい

4月17日付のニュースで食物アレルギーの関する事が。
東北日本ハム 「ウイニー」回収 誤って卵と乳が混入

もともと「ウイニー」には
卵や乳成分は
使用されていないのですが、
何らかの理由で
混入が確認されたとの事。
食物アレルギーを
持つ方にとっては大問題なので
しっかり原因を追及し、
再発防止に努めて頂きたいですね。
画像

ただ、こうやって自主回収を決めて発表するという事は、
とてもいい事だと思います。
アレルギーのない人にとっては卵や乳成分が混入したって、
大した問題ではありませんからうやむやにされることが、
多いかと思っていました。
やはり、まだまだその深刻さを理解していない方もたくさんいるんですよね。

レストランなどで、卵を使っているのか聞いても、
曖昧な返事しかかえってこない事もたびたび。
明らかに適当に言っているなぁという店員さんもいます。
うちの子達はアナフィラキシーはないので、命に関わる事はないのですが、
人によっては、即病院という事すらあります。
深刻さを理解していないがために、適当に判断してしまい、
子供が入院してしまう事も実際にあるのです。

スーパーなどで売られている加工品には、
原材料を示す事が義務づけられています。
物によっては、5大アレルゲンを大きく表示されています。
また飲食店でも、少しずつアレルギー表示されたメニューを見かける様になりました。
しっかり書いてくれると、安心して選ぶ事が出来ますね。
ただ、中途半端な知識で表示されているのではと心配です。
厳しい人は、醤油で使われている小麦や、味噌で使われている大豆だってダメなんです。

除去食は本当に奥が深く、本当に理解するためにはかなりの勉強が必要です。
同じアレルゲンでも、ある人にとっては問題なくて、
ある人にとっては命に関わる事もあるのです。
「あ、知りませんでした…」
ではすまない場合もあるのですから。
なので、飲食店での表示は義務化しない方がいいと思います。
表示されている物の信憑性が著しく低下する事は間違いないので。
間違えて食べてしまう事が、それだけ深刻だという事を理解すれば、
安易に表示できないと思うのは私だけではないと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

宿からのお知らせ

2018.6.8

〜共栄橋通行止めのご連絡〜 鹿追・上士幌方面へ行かれる方はご注意を

平成30年5月16日より、近所の共栄橋が通行止めとなりました。 橋脚(土台)が傾いたため道路がくぼんでしまっています。 写真で見ると一…

おすすめ記事

以前の記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る