ロバ日記

バリアフリー住宅を造る時、手すりよりも大切なもの

前々回ご紹介したお客様、二世帯住宅でバリアフリーを考えていらっしゃるようです。
この方にもお伝えしたのですが、バリアフリー住宅を造る際、是非気をつけて頂きたい事が。

バリアフリー住宅と聞くと、どうしても「手すり」が必要となりますよね。
でもちょっと待って下さい。
”今必要でなければ”、あえてつけない方がいいと思います。

それは、病気などで障害が生じたときに、使いやすい手すりが人によって違うからです。
例えばトイレ。
使いやすさを考えると、立ち上がる筋力が弱い方、
脳梗塞で片麻痺の方など状態によって、形状も高さも異なります。
いきなり車椅子ユーザーになる場合もあり、手すりが邪魔になる事だって考えられます。
どうなるかなどわかりませんから、”今必要でなければ”つけない方がいいのです。

そして、「手すり」以上に大切なのが「下地」。
後から手すりを設置する際、下地があるのとないのとでは大違いです。
下地がないとしっかり固定出来ないので、土台が別に必要になり見た目も悪くなります。
特に、トイレは広めに下地を入れてもらいましょう。
それほどコストに変化はないはずです。
きっと後で「あの時入れといてよかった」となると思いますよ。

ただし、階段と浴室はつけておいた方がいいですね。
浴室は水漏れの原因となりやすいので、後からの設置が非常に難しいからです。
階段への設置は、すでに義務になっているそうですよ。
確かに階段は危険ですので、
始めからあった方がいいですよね。

ちなみに「和みの風」の手すりは、
手すりっぽくありません。
雰囲気にとけ込んでいます。
そういった点に配慮して作りました。
いや、設計士さんが考えてくれました(笑)。
旅行ですから、
病院や施設みたいでは「げんなり」しますからね。

バリアフリー住宅を考えている方へ、
ちょっとした情報でした。

こっそり言うと実はこれ、

2×4材で作っているのでコストがかなり低いんです…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る