ロバ日記

見るだけでクリックできるパソコン「マイトビー」

画像

このパソコン、マウスもキーボードも必要ありません。
画面の中を、1~2秒(変更可能)見続けるだけで
クリックできるという優れもの。
どうしてこんなものが必要なのかと言うと、
手で(人によっては足で)クリックできない方のために開発されたんです。
具体的な適応としては、
ALS(筋萎縮性側索硬化症)、脳性麻痺、
脳梗塞などの脳血管障害などが挙げられます。
訪問看護で伺っている方が、
この「マイトビー」の購入を検討しているんです。
実際に使えるのかどうかをテストしに業者の方に来て頂きました。
結果は練習次第で文章は打てるようになるとの事。
実際に反応を見ていましたが、かなりの精度がいいように思います。
こちらを見るとわかりやすいかと。

気になる費用ですが…。
全部で約150万円!
クルマが買えてしまいます。
でも、インターネットで何でも出来てしまう時代。
クルマ以上の価値があると考える方はたくさんいると思います。
障害者手帳による助成もありますが、
申請が厳しく、かつ時間がかかるそうなので、
実費で買う方も多いそうです。
少なくとも3ヶ月、長い人では2年もかかった例があるとか。
ALSの方は特に「残された時間がもったいない」という事で購入するそうです。
何とも胸の痛い話ですね…。
金額はともかく、目だけで意思表示が出来るというのは、
とても画期的な事です。
文字盤などの使用もありますが、伝える側も読み取る側も技術が必要です。
このパソコンがあればかなりの負担が軽減されるはず。
もっと安くなって、病院に1台くらい常備される日がくれば、
助けられる患者さんも多いのではないでしょうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2022.4.22

どうみん割を始めました

ニュースの発表でご存知の方も多いかと思いますが、どうみん割が5月31日までに延長となりました。和みの風も延長に合わせまして、どうみん割適応…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る