ロバ日記

「いいマンガを描きたい」という漫画家はいませんか?

身近に漫画家さんはいませんかね。
「がんばっているんだけどなかなか…」という方でも是非。
というのも、
「訪問看護を題材に漫画を描いてくれないかなぁ」と、
よく思うからなんです。
訪問看護という仕事は、
簡単に言えばお宅を訪問して看護を提供する事なんです。
具体的には、
入浴のお手伝いをしたり、
日常生活の相談、リハビリテーション、床ずれの処置など
まだまだいろいろありますが、
ほとんど知られていないのが現実です。
病院で働いている看護師ですらあまり理解されていないと思います。
少なくとも私は全くの無知でした。
もう6年程この仕事をしていますが、
その認知度はほとんど変わっていない様に思うんですよね。
訪問看護として伺う様になると、
ご本人やそのご家族には必要性を理解して頂いています。
しかし、多くの方は何やってるか分からない様なので、
敷居が高いと思われているのも事実。
そこで訪問看護の認知を広げるために
「漫画」という手法を使うのはどうかと。
医療の現実、家族関係、ターミナル(終末期)ケア、やりがいと挫折…。
感動して涙する場面もありますし、
大笑いしてしまう場面も…。
現場に聞いたらいいネタ、たくさん転がっていますよ。
ちょっと売れたら昼のドラマとかにも取り上げられたりして(笑)。
まぁ、それは難しいにしても、
しっかり取材をすればかなりいいお話が出来ると思います。
どなたかの漫画家さん、いかがですか?

画像

コメント

    • じゃい
    • 2011年 2月 03日

    同感です。
    私も同じ仕事をしていて、もっと訪問看護を身近に感じて欲しいなあと思っています。
    一度ドラマでやりましたよね。でも主役が市原悦子さんで…
    もっと若い人が良かったなあ。
    敷居を低くしたい!と常々奮闘中です。

    • 和みの風
    • 2011年 2月 04日

    ども~、がんばってますか所長さん。
    ドラマあったんだね。
    市原悦子さんとはちょっと年代が…。
    今度ダメ元である出版社に働きかけようと思ってます。
    そこいい本出しているから、
    興味持ってくれるんではないかと勝手に思っています。
    いい反応があれば、また。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2022.4.22

どうみん割を始めました

ニュースの発表でご存知の方も多いかと思いますが、どうみん割が5月31日までに延長となりました。和みの風も延長に合わせまして、どうみん割適応…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る