ロバ日記

脳卒中になり始めての旅行を考えたら、まず日程を決めましょう

要介護の親と旅に出たいと思ったら

要介護のご両親と旅行を楽しむヒントを連載中。

目次はこちら

今年3月31日、STVラジオの番組でちょっぴり出演させて頂きました。
取り上げて頂いたのは、もう3回目になりますね。
以前ご紹介頂いた模様はこちらに。

和みの風日記での「要介護の親と旅に出たいと思ったら」を一通り書き終えたので、
取り上げてもらえないでしょうかとSTVさんに掛け合ったら、出演させて頂きました。
電話での出演というのはなかなかうまくいかないものですね。
どうしても焦ってしまいます。

10分程の出演が終わり、ほっとしていた直後に電話が鳴りました。
聞くと、今ラジオを聞いて下さった方からです。
やや興奮気味で、ラジオを今聞いた事や車椅子でも泊まれるのかなどのご質問がありました。
お身体の状況を聞き、全く問題ない事をお伝えすると、嬉しそうに電話を切りました。
ほどなくして日程が決まり、先日ご宿泊頂きました。

当たり前が出来る幸せ

御主人が1年程前に脳梗塞となり、車椅子生活になったご夫婦。
電話を頂いたのは奥さんから。
そして御主人が7年前に脳梗塞になったご夫婦もご一緒に。
病院とディサービス以外外出していないとの事で、誘って下さったのです。

4人が到着されると、嬉しそうに宿内を見回しました。
一人は車椅子、一人は杖歩行、そしてそれぞれの奥さんです。
自宅から距離があったようなので、夕食まではベッドで一休み。
ちょうどアスパラのおいしい時期でもあり、皆さんご満足頂けたようでした。

車椅子の方のお風呂は、リフトを使って私がお手伝い。
ディサービスでは入っていましたが、夕食後に入るお風呂は1年ぶりだそう。
そうなんです、ディサービスや病院など施設での入浴は日中に行われます。
夕食後にゆったりとお風呂に浸かるという事が出来なくなってしまうのですね。
普段、当たり前のように寝る前に入っていますが、
ディサービスなどでの入浴はそういった事も難しくなってしまうのです。

その方はお身体の調子もあり、あまり長い時間は入れませんでしたが、
とても嬉しそうにされていました。

旅行が近づくにつれ不安だらけだった

帰り際、いつものようにご家族写真をお撮りするか伺うとこんな答えが。
「写真はちょっと…、まだ受け入れられていないんです。」

普通に働いていた御主人がある日突然脳梗塞となり、生活が一変しました。
「まだ若いのに…」と、ある職員の一言が心に突き刺さっていると話します。
「なぜ私が…」と当然抱いてしまう感情を涙ながらに話してくれました。

そんな時、お隣にいた奥さん。
「私が倒れなくてよかったと思ってるんです。
主人に家事は出来ませんので」と。
さすが7年もの大先輩は、前向きで重みがあります。

今まで普通に働いていた方が、突然脳梗塞になればだれでも困惑します。
日を追うごとに実感が湧き、ふさぎ込んでしまう事でしょう。
ご予約頂いた方も、毎日の生活で息が詰まりそうだったと話します。
そんな時にラジオで聞いた「旅行のきっかけ」。
思わず電話したそうです。
あっという間に初めての旅行が決定しました。

しかし、旅行の日程が近づくに連れ、不安がどんどん強くなったそう。
夜のトイレの事が心配だったと話しますが、漫然とした不安も。
何しろ初めての旅行ですから、今までとは全く違います。
イメージがつかないと言うのが本当の所で、
「何かあったら…」という気持ちも当然あったでしょう。

脳卒中になり初めての旅行のために最初にする事

和みの風は看護師夫婦で営業していますので、その点も安心材料にはなったようです。
それでも、不安の中旅行に出かけました。

結果大成功。
富良野や鹿追に寄り道して、1泊2日の旅を無事終えました。
たった1泊と思われるかもしれませんが、それは大きな一歩です。
「旅行が出来る」という自信は、これからの生活に大きく影響します。

このようなコメントを頂きました。

脳卒中などで倒れ、旅行をしようと思った時に最初にする事。
この方のように、まず日程を決めるのがいいのかもしれません。
「○月○日に行く」と日程が決まると、それまでにしなければ行けない事が見えてきます。
日程が決まらないと「いつか行こう」になったり、
不安が強く「やっぱりやめよう」となったり、大切な一歩を踏み出せないかもしれません。

確かに最初は不安がつきものです。
しかし、いろいろな方に相談してしっかり準備をすれば、恐れる事はありません。
一度行動を起こせば、それまでの不安はかなり軽くなります。
実際、きっかけを作ればまた動き始める方がいます。
毎日の生活に息が詰まりそうな方、旅行はただ「楽しむ」だけでなく、
「考え方の変化」も連れてきてくれるかもしれないのです。
もし、少しでも考えているのであれば、すばらしい明日が待っているかもしれませんね。

次項目  E-1 脳梗塞(脳卒中)で片麻痺になっても旅行できる方の共通点
前項目  D-7 認知症の両親と旅行するのは自己満足?

要介護の親と旅に出たいと思ったら 目次

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

宿からのお知らせ

2018.6.8

〜共栄橋通行止めのご連絡〜 鹿追・上士幌方面へ行かれる方はご注意を

平成30年5月16日より、近所の共栄橋が通行止めとなりました。 橋脚(土台)が傾いたため道路がくぼんでしまっています。 写真で見ると一…

おすすめ記事

以前の記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る