ロバ日記

糖尿病の方に「食事はホテル外」と「使い慣れた靴」をお勧めする理由

要介護の親と旅に出たいと思ったら

要介護のご両親と旅行を楽しむヒントを連載中。

目次はこちら

今や1,000万人を超え、国民病とも呼ばれ始めた糖尿病。
皆様の周りにも1人や2人は、いやもっとたくさんいるのではないでしょうか。
糖尿病の恐ろしさは知られているのですが、
いざ自分の事となるとなかなか実感が湧かないのが現実のようです。

糖尿病の方は旅行を控えた方がいいのでしょうか。

いやいや、そんな事はありません。
普段と異なる生活が人生に刺激を与えてくれるのは、糖尿病の方でも同様です。

でも…、問題点があります。
分かりますよね。
旅行すると、とにかくカロリー過多になりやすいのです。
まぁ、当然ですよね。
一般の方が旅行したって、帰った頃に体重計に乗るのが怖くなるのが常ですから。
まして糖尿病の方が、旅行中カロリーセーブをするのはとても難しい事ですよね。

糖尿病の方が旅行するために

糖尿病の方が旅行するときに、非常に参考になるサイトを見つけました。
細かく、具体的に書いてありますので、是非ご覧になって頂きたいと思います。

とても、詳しく書いてあり書く事がない…、程なので、ちょっと違った視点から。

食事はホテルで食べるのをやめましょう

最近は糖尿病の方が増えて来た事を受け、
糖尿病専用メニューをだしてくれる宿も出て来ました。
しかし、そんな気の利いた宿はごく少数です。
多くのホテルではバイキングが主流。
昔は朝食のみでしたが、今は夕食もバイキングという所が多いですよね。

やはり「バイキング」は避けるべきだと思います。
ホテルの質により、品数や味にかなりばらつきがあるとは思いますが、
美味そうな料理がずら〜っと並び、しかも食べ放題となると、
どう考えてもカロリーオーバーするのは当然です。

バイキングでも太りにくい食べ方というのも、あるにはあります。

でも、料理を目の前にしたら、こんなルールは守れないのではないかと思います。
「ダイエットは明日から〜」と昔流行ったCMソングを口ずさむ方もいるのではないでしょうか。

そこで、バイキングをやめるのはいかがでしょう。
食事はホテル以外のレストランで楽しむのです。
少なくともバイキングよりは、カロリーを抑えることが出来るのではないでしょうか。
たくさん注文したら、同じですけどね…。

新しい靴を履くと…

旅行ですから、洋服や靴を新調したくなる気持ちもわかります。
身に付けるものが変わると、気持ちも盛り上がって来ますよね。
ただ、靴については注意が必要です。
買ったばかりの靴で旅行に出るのはやめましょう。

糖尿病による神経障害のため、足の感覚が鈍くなっている場合もあります。
ちょっとした靴ずれが感染を引き起こしたり、潰瘍化してしまう事さえもあります。
自宅であれば、すぐに今までの靴に戻せますが、旅行となるとそうはいきません。
足にあわない靴を履き続けなければならず、結果的に傷が悪化する可能性もあります。

靴を新調するのであれば、
自分の足にあうものを選び、
ある程度歩いて
履き慣らしておく事が大切です。

 
カロリーさえ気をつければ、
旅行は運動量も増え気分転換にもなり、
いい刺激を与えてくれます。
食べたい気持ちはとてもわかりますが、
ここはぐっとこらえて、
たくさん歩いていろいろ巡りましょう。
動いた分だけ、おいしいお食事が楽しめますよ。
くれぐれも、食べ過ぎには注意して下さいね。

次項目  F-1 脳梗塞で片麻痺になっても旅行できる方の共通点
前項目  E-6 「末期がんと言われた母、旅行なんて考えない方がいいのでしょうか」

要介護の親と旅に出たいと思ったら 目次

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る