ロバ日記

介護旅行の計画はここに気をつけて

要介護の親と旅に出たいと思ったら

要介護のご両親と旅行を楽しむヒントを連載中。

目次はこちら

いよいよ計画を立てていきます。
目的もしたい事も決まっているでしょうから、より具体的に考えていきましょう。

出発はいつ?どのくらい?

旅行はいつを考えていますか?
まず、冬の寒い時期は体調を崩しやすく観光には適さないので、
初めての旅行では避けた方がいいでしょう。
真夏の暑い日も体力を消耗します。
とはいえ、北海道や東北以外は暑い日が長期間に渡るので、避けられないというのも事実。
せめて大勢が旅行するお盆周辺は避けましょう。
同様に連休やゴールデンウィークも避けた方がいいですね。
忙しい時期は宿や観光地のスタッフも余裕を持った対応が難しくなりますので、
出来れば平日がお勧めです。
休暇を取るのが難しい方も多いとは思いますが、うまく時期を合わせたいところです。

「1泊だとせわしないから2泊かな…」と、考える方も多いと思います。
状態によるので一概には言えませんが、いきなりの2泊はかなり体力を消耗します。
出来れば、1度近場で1泊旅行を経験してからの方がいいように思います。
せめて、日帰り旅行は経験しておいた方がいいでしょうね。
始めから3泊以上を考える方はあまりいないと思いますが、
やはり経験を積んで慣れてからの方がいいでしょう。

以前、北海道旅行で9泊された車椅子ユーザーのご夫婦がいました。
いろいろと出かけているようで、旅慣れていましたよ。
ここまで旅行を楽しめるようになると、生活そのものが変わってくると思います。

余裕を持つとはどんな風?

高齢者の旅行について調べると、「スケジュールには余裕を持って」と必ず書いてあります。
まさにその通りです。
旅行にはトラブルがつきものですし、移動にだって時間がかかるもの。
1日の中で一番行きたい場所を決め、
短時間で寄れる所を数カ所をピックアップしておくといいと思います。
その全てを回るのではなく、気分や疲れに応じて変更したらいいのではないでしょうか。

また、雨が降ったり日差しが強くなるなど、天候はどうなるかわかりません。
計画自体を、天候に応じてアレンジが出来るようにもしておくのもいいですね。

例えば、和みの風から車で30分で行ける「十勝千年の森」。
広くて気持ちのいい所なのですが、日陰があまりありません。
直射日光がきつかったり、雨が降ったりした時には「中札内美術村」をお勧めしています。
こちらは、木漏れ日が美しい場所。
雨が降っても、落ち着いた雰囲気で気持ちがいいです。
真鍋庭園」も木々が生い茂っているので日陰が多いですね。

旅行プランもだいたい出来上がり、後は当日を待つだけとなったら、
是非ケアマネージャーや訪問看護師などにプランを確認してもらいましょう。
きっと、体力的に問題はないか、注意すべき点はないかなど、
親身に聞いてくれると思いますよ。

地元の情報が不足していると思えば、
インターネットの質問サイトに投稿するのも手。
発言小町」では女性が多いためか、
反応がよいように思います。

余裕を持った計画とは
自由度が高い計画でもあると思います。
ガイドブックやインターネットを通じて
いろいろ調べてみて下さい。
北海道や十勝の事でしたら、
ご相談に乗りますよ。

是非、ご本人も巻き込んで
いろいろ検討して下さいね。

次項目  B-2 旅行を決めるとリハビリだって意欲がアップ
前項目  A-8 業者に依頼せず安心して介護旅行を楽しむ2つの方法

要介護の親と旅に出たいと思ったら 目次

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る