ロバ日記

「アンパンマン」に込められた深い想い

画像

今回の東北大震災でよくラジオで流れていた曲の一つ。
「アンパンマンマーチ」
アンパンマンの曲と言えば、私も記事として取り上げた事があります。
もし自信をなくして…
歌詞を意味を考えるととても哲学的です。
作詞者は90歳でもまだまだ現役の「やなせたかし」さん。
ご存知の通りアンパンマンを作った人。
こちらにとても詳しく経歴が書いてあります。
アンパンマンができるまで
子供時代の事、戦時中の事。
「手のひらを太陽に」の作詞をした時の事など。
私はその中で「本当の正義とは何か」
という想いを知る事が出来ました。

子どもたちとおんなじに、ぼくもスーパーマンや仮面ものが大好きなのですが、いつもふしぎにおもうのは、大格闘しても着ているものが破れないし汚れない、だれのためにたたかっているのか、よくわからないということです。
ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そして、そのためにかならず自分も深く傷つくものです。そしてそういう捨身、献身の心なくしては正義は行えませんし、また、私たちが現在、ほんとうに困っていることといえば物価高や、公害、飢えということで、正義の超人はそのためにこそ、たたかわねばならないのです。
あんぱんまんは、やけこげだらけのボロボロの、こげ茶色のマントを着て、ひっそりと、はずかしそうに登場します。自分を食べさせることによって、飢える人を救います。それでも顔は、気楽そうに笑っているのです。
(やなせたかし 「あんぱんまん」あとがきより)

こんな事を考えるやなせさんだからこそ、
アンパンマンの歌は心を打つものがあるのだと思いますね。
今、福島の原発で作業をしている人たち。
これがまさに正義なのかと思います。
自分の危険を顧みず、日本人全てのために働いています。
アンパンマンの様に気楽そうに笑ってはいませんが。
うちの娘が最近アンパンマンが好きになりました。
この掃除機で一緒にお掃除してくれます。
アンパンマンの様な優しさを持ってほしいものですね。

 なんのために 生まれて
なにをして 生きるのか
こたえられない なんて
そんなのは いやだ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2020.7.10

2020年のご予約につきまして

昨今の新型コロナウイルスの影響により、皆様の生活も一変したかと思います。そんな中「和みの風」のホームページをご覧頂き、ありがとうございます…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る