ロバ日記

懐かしき大船渡…

今回の震災で、たびたびテレビ画面出て来た大船渡。
初めて「おおふなと」と読む事を知った方も多いと思います。
実は私、もう10年以上前ではありますが、
すぐそばに住んでいました。
私の母校は北里大学水産学部。
看護師になる前は水産学部にいたんですね。
(大学まで卒業させてもらったのに、また学校なんて…。親には感謝してます。)
1年生は神奈川県相模原市にキャンパスがあるのですが、
2年生からはここからすぐそばの三陸町になるんです。
三陸町にはスーパーがほとんどないので、
本当に良く大船渡は利用していました。
食料品でも遊びでも、何度通ったか分かりません。
個人商店のレジ打ちで、アルバイトもしていました。
とても愛想のいいオーナーさんの安否は
もう知る由もありません。
高台にある大船渡病院は
津波から逃れる事が出来た様です。
私が学生時代に今の場所に移転しました。
昔あった場所だったらさらにひどい事になっていたでしょう。
ここは私が学生時代、実験中顔を大やけどをして通いました。
今もスタッフ達は家が流されているにもかかわらず、
不眠不休で働いているんでしょうね。
画像ここのお菓子と言えば
かもめの玉子
ホワイトチョコが
おいしいんですよ。
お土産にぴったり。
かなりの被害だそうですが、
復興の旗ふり役として
がんばっている様です。
幸い大学ははかなり高い所にあるので、
津波の影響はなかった様です。
そして学生のほとんどが無事を確認できたと。
この地域、昭和8年にも大きな津波がありました。
そんな教訓もあり、
私が下宿していたアパートでは、
「地震が来たら上に避難しろ」という言葉は今も残っていたんです。
こんな事がなかったら、
大船渡なんてすっかり忘れていました。
そうだよなぁ、いろいろあったなぁ…。
今は大きく変貌しているのでしょうね。
いつか、どんな風に変わったのか見に行きたいと思います。
そのとき大学はどんな風になっているかなぁ。
何度も通った道はまだ残っているだろうか。
かもめの玉子はあの味を作り続けているかなぁ。
行った時にはたくさんお金を使ってあげたいですね。
それまではちょっとずつ募金。
改めて、今回の被害に遭われた方々に対して心よりお見舞い申し上げます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2020.7.10

2020年のご予約につきまして

昨今の新型コロナウイルスの影響により、皆様の生活も一変したかと思います。そんな中「和みの風」のホームページをご覧頂き、ありがとうございます…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る