ロバ日記

息子が腰椎分離症、じっとしていられるのか?

3日程前、息子が腰が痛いと言い始めました。
聞くと5日前の陸上少年団でのトレーニング後からと。
「ふ~ん、春休みで怠けてたからただの筋肉痛じゃないの?」と
私は全く心配していませんでしたが、
かぁちゃんは「腰は大事だから」と、近くの整形外科を受診。
問診後、身体をいろいろ動かし、
「大した事ないと思うけど一応レントゲンを撮りましょう」と先生。
私は「だよね~」。
しかしレントゲンに時間がかかります。
2度も撮り直しをしました。
はて?
どうしてそんなに撮り直す必要があるんだろ…。
その答えは、病名にありました。
診断は「腰椎分離症」。
背骨(腰椎)は円柱状の骨(椎体)と出っ張っている部分(棘突起)
から出来ていますが、その間が折れてしまったんですね。
つまり骨折。
この骨折面をうまく撮るために撮り直しをしていたんです。
ちなみに分離が起きて、
椎体が前にずれてしまった状態が脊椎すべり症と言います。

画像

息子は運動は良くしていたものの、身体が固い方。
特に股関節が固いようで、
その固さを補おうと腰に余計な負担がかかっていた様です。
あまりに負担が大きすぎるために疲労骨折したってわけ。
運動が好きな小中学生になりやすいんだとか。
あ、まさにうちの子…。
治療法は安静。
3ヶ月間コルセットをつけて、激しい運動は控えます。
陸上少年団はもちろん、体育も参加できません。
今年は運動会も見てるだけ。
じっとしていられないうちの子が3ヶ月間も耐えられるのかがとても心配。

画像

ストレスで爆発しないだろうか。
当の本人はまだあまり実感がない様ですが、これからが大変そう。
楽しそうに遊ぶ友達を見て、悔しがるんだろうな。
ま、今が我慢のしどき。
今しっかり直せば完治するそうなので、頑張りましょう。
私は毎日、ストレッチの日々が続きそうです。
仕事でもしているのに、家に帰って来てからもかぁ…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ふぅ~
    • 2012年 4月 18日

    そんなそんな~ 3カ月もなんて、さらに運動会まで・・・
    先日久しぶりにお会いしたFくんは、すっかりお兄ちゃんになって、
    夏は陸上、冬はスケートをがんばっている様子をブログでも拝見し、応援していたのですが、練習のがんばり過ぎだったのでしょうか。
    私も運動大好きな子だったのに、春の小運動会を三日ばしかのため休んだことがあります。(私の時代、春は小、夏は大運動会がありました。)慰めにはなりませんが、元気出して!水泳は負担が軽いのである程度したらできればいいですね。

    • 和みの風
    • 2012年 4月 18日

    ご心配おかけしてすみません。
    3ヶ月長いですよねぇ。
    練習も頑張っていましたが、とにかく身体を動かすのが好きなので、
    かなり負担がかかっていたのだと思います。
    腰が悪いのは親譲りなようで…(笑)。
    いい機会なので、腹筋の強化と股関節の柔軟性を保てる様、
    親子共々頑張っていきたいと思います。
    もうすぐGW、お互いに無理しない様やっていきましょう。

    • 一つの石
    • 2012年 4月 22日

    もしよければ私の2009年3月22日の腰痛予防ブログでも覗いてみてください。
    http://hitotsunoishi.at.webry.info/200903/article_5.html

    • 和みの風
    • 2012年 4月 22日

    ご紹介ありがとうございました。
    今はひたすら安静第一なので、
    それが過ぎたらいろいろやってみたいと思ってます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る