ロバ日記

なんで2月は28日までなの?

2月も今日で終わりですね。
「2月は逃げる」と言います様に、
あっという間に終わる感じがあります。
そもそも、どうして2月は28日で終わりなのでしょう。
31日の月を30日に減らせばきれいに収まるのに…。
A型の考え方ですね(笑)。
調べてみると、
かなり深い理由がある様ですよ。
こちらに詳しく書いてあります。
こよみのページ
要約を引用しますね。

1、昔は2月が年末だった(3月が年の始めだった)。
2、1年の日数と月の日数の調整(閏)を年末に行った。
3、後に1年の始めが1月に移っても、閏の調整は2月で行う慣習が残った。
4、ユリウスの改暦の際に大の月を31日、小の月を30日とし交互に並ぶようにした。
  ただ、こうすると1年の長さより平年で1日長い暦が出来るので、
  2月の日数を1日減らして調整(2月は平年29日、閏年30日となる)。
5、8月をローマ皇帝アウグストゥスの名前に改名した際、
  本来小の月の8月を大の月に変更し、9月以降も大小の月の並びを変更した。
6、上記5の改変のため、暦の上の1年の日数が1日増えてしまったため、
  調整のため2月からさらに1日日数を減らした(2月は平年28日、閏年29日となる)

どうもアウグストゥスのわがまま(?)によって
2月がどんどん減っていった様ですよ。
アウグストゥスなんて名前を聞いたのは、高校の世界史以来ですね。
こんな所でお逢いするとは(笑)。
ちなみにこのページ、暦や二十四節気、月食に至るまで
とても詳しく(マニアックに?)書いてあります。
特に暦と天文の雑学のページは勉強になる事がいろいろ書いてありますね。
それにしても、いまの暦が古代ローマから代々受け継がれているとはねぇ。
アウグストゥスのわがままのおかげで
忙しい思いをしている方も多いのではないでしょうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2020.7.10

2020年のご予約につきまして

昨今の新型コロナウイルスの影響により、皆様の生活も一変したかと思います。そんな中「和みの風」のホームページをご覧頂き、ありがとうございます…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る