ロバ日記

どうやって作ったのでしょうか!

北海道の冬休みは3週間程と、本州に比べて長いです。
(その分夏休みが短いんですけどね。)
なので、冬休みなのに自由研究の宿題があります。
年2回頭を悩ませなくてはなりません…。

画像

画像今年の冬はこれです。
右の写真は横から見たものです。
ぱっと見、何だかわからないかと思います。
でも、よく見て下さい。
くぎはどうやって打ったのでしょう。
もちろん接着剤なんて使ってませんよ。

作り方
画像1.木を切る
  木を「E」の形に切り取ります。
  切れ目を入れて、
  ノミを使うとあっという間です。
2.木を煮る
  一辺を沸騰したお湯につけて1時間。
  さて何が起きるのでしょう…。
3.木を潰す画像
  万力を使用して
  煮た部分を押しつぶします。
  煮る事で軟らかくなるんですね。
  そしてそのまま2日間放置。
  本当はもっと押しつぶすのですが、
  万力がなくハタガネを使ったため、
  この程度です。
4.くぎを打つ
画像  ドリルでした穴をあけて、
  くぎを打ちます。
5.再度煮る
  3と同じ様に再度煮ます。
6.できあがり
  曲がった所はすっかり戻ります。
  やすりをかけて出来上がり。

実は、木によってつぶれやすいものとつぶれにくいものがあるので、
木選びが大事です。
また、木目によってつぶれ方が違うので、
切る時に木目を確認する事がさらに大切です。
お手本の作り方はこちら。

始めはしっかりつぶれてくれるかな~と心配でしたが、
まずまずの仕上がり。
もっと精度を高く作って、宿においておきたくなる様な作品でした。
   

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2022.4.22

どうみん割を始めました

ニュースの発表でご存知の方も多いかと思いますが、どうみん割が5月31日までに延長となりました。和みの風も延長に合わせまして、どうみん割適応…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る