ロバ日記

メール便にご注意を

何年か前からメール便で送られてくる配送物って、
増えてきましたよね。
「これは郵便物ではありません」
と書いてある郵便物を見て、
なんか矛盾しているなぁと思ったのも、
けっこう昔。
A4サイズでも80円で送ることが出来るとあって、
私も結構利用してました。
ところが一つ盲点があったのです。
それは、
「転居届」というものがないのです。
つまり、
相手先が引っ越してしまったら、
どうしようもないということ。
皆さんご存知の通り、
郵便局には引越しと同時に「転居届」を出しますよね。
引越し後1年以内なら、
転送してもらえます。
でも、その情報が宅急便会社には回らないので、
(今の時代当たり前ですが)
宅急便会社はどうしようもないのです。
自分が出したのでしたら、
まだ話はわかります。
相手先が捕まらないので、
戻ってくるだけですので。
改めて郵便で出せば、
転送してもらえます。
(戻ってくるのにも1ヶ月程かかった例がありましたが…)
困るのが、相手から出された場合。
実はこの話を書こうと思ったのも、
定期購読している雑誌が届かなくなったのがきっかけなんです。
そうなんです。
その雑誌はメール便で送られて来たんですね。
で、今年6月に引っ越してしまったので、
連絡がつかない。
昔のように引越し前の電話番号に、
新しい番号を吹き込むことはしませんので、
出版会社は困ってしまったという訳です。
まぁ、郵便物で送る、
もしくは「連絡ください」とはがきに書くなど、
方法はいろいろあるでしょうけど。
私が連絡しなかったら、
きっと届かなかったんだろうなぁ。
元はと言えば、
引越しをする時に連絡しなかった私が悪いんですけどね。
クロネコヤマトでは、
「転居届」と同じシステムをとるようなことを言ってました。
佐川急便もやったら、
転居届だけで3通も書かなくちゃいけなくなります。
他の会社もありますよねぇ。
う~ん、不便だ。
うちはもう引越しをすることはないと思うのですが、
結構気がつかない方も多いのではないのかと思います。
最近引越しをされた方、送られてこない配送物とかありませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2018.6.8

〜共栄橋通行止めのご連絡〜 鹿追・上士幌方面へ行かれる方はご注意を

平成30年5月16日より、近所の共栄橋が通行止めとなりました。 橋脚(土台)が傾いたため道路がくぼんでしまっています。 写真で見ると一…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2019年11月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る