ロバ日記

なくなっていく小学校の関係者はこんな気持ちでしょうね


2007年に作られたCM
マクセルDVD ずっとずっと。新留小学校 篇」です。
休校になる鹿児島県の新留(にいとめ)小学校の
最後の7日間を追ったもの。
少子化という社会現象の中、
どんどん小中学校が廃校になっています。
「和みの風」の目の前にある建物も
実は元小学校。
10年前は人舞小学校として
子供たちのにぎやかな声が聞こえていたのでしょう。
今では、福祉館として集会所の役割程度しかありません。
北海道の小学校で見ればこれだけの廃校があります。
廃校と言うと、
人口の少ない山奥の学校というイメージがあったのですが、
実はすぐそばにある現実だったんですね。
少ない子供たちだけで成長していくデメリットも
あるとは思うので、
廃校が進むことについて
感情的に反対するつもりはありません。
ただ、それまで多くの子供たちが学んできた
場所であることを心に刻むことが
必要かと思います。
こちらのように、
地域の思い出の場所として活用する方法もいいですね。
十勝では今年度5つの小学校がなくなります。
その方たちもきっとこんな気持ちなんでしょうね。
誰を責めることもできない、
ただ、やるせない、せつない想い。
目の前の人舞小学校を見ると、
そんな人たちの想いが感じられるような気がします。
コメント(2件)
2010/3/3
ポメラニアン @docomo.ne.jp
返信する|戻る
私が小③まで釧路に住んでた時の小学校も統合して名前が変わってました。
通ってた学校がなくなってしまうのはとても寂しい事ですね‥
2010/3/3
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”ポメラニアンさん
「身を切られる様な思い」という言葉がありましたね。
思い出の地がなくなる事は寂しい事ですよ。
子供達、やっぱり減っているんだなぁ…。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2018.6.8

〜共栄橋通行止めのご連絡〜 鹿追・上士幌方面へ行かれる方はご注意を

平成30年5月16日より、近所の共栄橋が通行止めとなりました。 橋脚(土台)が傾いたため道路がくぼんでしまっています。 写真で見ると一…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2019年11月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る