ロバ日記

読めない名前が増えると何が起きる?

うちの娘、保育園に行っています。
先日発表会がありましたが、
そのプログラムを見て新鮮な感じがしました。
というのも、
出演する子たちの名前が載っているんですが、
全て苗字が漢字で名前がひらがな。
つまりこんな感じ。

佐藤 はると   鈴木 ゆい
高橋 ゆうま   田中 りお
渡辺 さら    伊藤 そうた
山本 りこ    中村 りく
小林 はるか   加藤 こたろう

    ※この名前は多い苗字と2010年の人気の名前で作った架空のものです

そうですよねぇ。
最近の子供達の名前は読めませんものねぇ。
「和源」と書いて「わーげん」、「美海」と書いて「まりん」なんて
どう考えても読めません。
という事で、名簿は必然的に名簿はひらがなになっている様です。
保育園という事で、
昔からこういう形態なのかもしれませんが、
今となっては、非常に合理的な書き方なのでしょう。
こういう名前ってトラブルのもとだと思うんですよね。
実際起きているようですし。
読めない子供の名前でトラブル続出。仕事に支障も
まぁ、この事例はふりがなの記載を徹底すればいいこととしても、
困ることがたくさん出てくるんだと思います。
ちなみに「大翔」という名前は、
「ひろと、はると、やまと、たいが、
そら、たいと、だいと、まさと」と
8種類も読み方があるそうです…(汗)。
さらに見たこともない様な漢字を使う名前も。
「來夢(らむ)」なんて、電話で名前を伝える時どうするんでしょ。
パソコンに打ち込むことだって容易ではありません。
多くの人が読めないし、伝えられない訳ですから、
今後は先ほどの様に
名前を平仮名で書くことが増えてくると思います。
2~30年後には、
新聞や雑誌などで名前は、
全部平仮名で書くようになるかもしれませんね。

画像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2018.6.8

〜共栄橋通行止めのご連絡〜 鹿追・上士幌方面へ行かれる方はご注意を

平成30年5月16日より、近所の共栄橋が通行止めとなりました。 橋脚(土台)が傾いたため道路がくぼんでしまっています。 写真で見ると一…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2019年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る