ロバ日記

こんな特別授業があったらいいな

目覚めよ身体 感覚の宇宙
2/15(日)NHK教育で放送された番組。
岩井俊雄さんというメディアアーティストが手がけた
小学生への特別授業を取材したものです。
なんだがとってもぎょうぎょうしいタイトルですが、
内容はとてもやわらか、かつ興味深いです。
あらすじは動画を見て頂くことにして、
肝心の中身、各学年の授業内容について書いてみますね。
1年生 「どっちがへん?」
ご自身で本も出しているようです。
こんな感じの絵。

画像
画像

「みんなも書いてみよう」ということで、
1年生ながら一生懸命に考えています。
木の葉がりんごだったり人がキツツキのように木をつついてたりと、
発想の豊かさを感じました。
一人一人楽しそうに披露してましたよ。
2年生 「リベットくん」
NHK教育「いないいないばぁっ!」のオープニングで
使われているアニメはこの方が作ったそう。
1枚の紙を切ってリベット(先が割れる金具ね)をつけるだけで
動きが出来てしまいます。
3人がかりで作ったりしてみんな楽しそう。
児童全員分の作品をコマ撮りしてアニメーションにして発表会です。
上の動画で少し出てましたね。
3年生 「赤青アニメ」
赤と青のセロファンを使って2枚の絵だけでアニメを作ります。
こちらを見てもらった方が分かりやすいかな。
授業では人の影を使っていませんでした。
メトロノームに赤青のセロファンを貼付けて、
本当にアニメに見えるようにしたのはすごいです。
4年生 「からだアニメ」
今度は体育館。
5~6人でチームを作ります。
色々なポーズを作ってコマ撮り。
つなげてみるとおもしろい動きが。
ジャンプしたり、輪になったり。
色々な動きが楽しいです。
こんな感じです。

5年生 「光のポートレイト」
4年生が一瞬を切り取ったのに対して、
今度は長い時間。
カメラで15秒間、シャッターを開放します。
懐中電灯を動かすとあら不思議。
これも絵で見てもらった方が分かりやすいですね。
こちらは動画ですが、授業では1枚の写真に仕上げています。

6年生 「顔のおどろき板」
円形に8枚の絵を描きます。
くるくる回して、
スリット(番組紹介の動画でちらっと出てくるやつ)を動かすと、
絵が動いて見えます。
グループに分かれてひとつの作品を作り上げます。

この授業をやるようになった経緯はこちら
たまたま見た番組でしたが、
ものすごく引き込まれました。
子供達の楽しそうな笑顔が印象的。
その集中力も画面を通じて伝わってきます。
感じたことは色々あるのでまた次回。
(前回のこちらの続きで、
雪下ろしについて書く予定でしたがまたいずれ。)
やっぱり見てもらわないとその楽しさが分からないよなぁ。
再放送してくれないでしょうかね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2018.6.8

〜共栄橋通行止めのご連絡〜 鹿追・上士幌方面へ行かれる方はご注意を

平成30年5月16日より、近所の共栄橋が通行止めとなりました。 橋脚(土台)が傾いたため道路がくぼんでしまっています。 写真で見ると一…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2019年12月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る