ロバ日記

玉入れは、「せ~のっ」がいいみたい

画像

昨日は息子の運動会。
さすがに5回目なので、見慣れた光景ではありますが、
みんなが頑張っている姿に元気をもらいました。
昨年、息子は「腰椎分離症」のため応援のみだったので、
今年は本当に一生懸命頑張っていました。
画像写真は恒例の「YOSAKOIソーラン」。
6年生と一緒に頑張っていました。
応援団にも入って、
大声で声援を送っていましたよ。
残念ながら、
息子の赤組は負けてしまいましたが、
去年の様な応援だけの運動会に比べれば、
間違いなく達成感はあった事でしょう。
各学年とも、
競技に入る前に「表現」という事で、
ダンスを踊ります。
「嵐」や「イナズマイレブン」の曲だったり、
「はなかっぱ」だったり、
まぁ、今時の曲に振り付けしています。
元々振りがある曲ならいいのですが、ない曲は先生方が考えるんでしょうかね。
教員はそんな能力も求められるんですね。
私には絶対無理だわ(笑)。
画像曲の途中で次の競技の体形に
移動します。
なので曲と競技の間が
とてもスムーズ。
こんな繋がりの良さも
よく考えられていると思います。
他の学年ですが、
気になったのが、玉入れ。
運動会のお約束競技ですが、
投げ方がちょっと違う。
みんな玉をたくさん持って、「せ~のっ」と一斉に投げてました。
それを何度も繰り返し。
一緒に投げる事になんか意味があるのかな~、
と考えていたら…。

一斉に投げると、カゴの上でぶつかってかごに入る確率が増えるみたい。
何にでもコツってあるもんなんですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る