ロバ日記

今日が10年後の日本を決める日になりそうです

昨年に引き続き振って沸いた様なTPP論。
わからないなりに私も書いたことがあります。
TPPを考える事はこれからの北海道、日本を考える事…
あれから1年経ち、
色々な情報が出てきました。
産業vs農業という対立だけではないこと、
医療も人材も大きな影響を受ける可能性があること、
1年前の世論は賛成が多かったのに逆転していること。
色々な人が意見をし、
多くの人が反対しています。
そして、今日首相の判断が出されるそうですね。
反対が増えてはいますが、
結局は締結に向けて動き始めるのではないかと思います。
「1日ゆっくり考えさせてほしい」と野田首相ですが、
日本の将来を1日で決めていいのかとも思えてしまいます…。
農業については昨年と同じ想いです。
参加したら大変な事になりますが、
「反対」だけで終わらせてほしくない。
「これから農業はこうしていきます」と言ったビジョンを
国でもJAでも出すべきでしょう。
ただ、何もなければ何も変わらないのが大きな組織。
TPPくらい激震がなければ何も変わらないのかもしれません。
「オレンジ」や「牛肉」の自由化だって、
あれだけ反対してもうまくやっているという意見もありますし。
医療については本当に心配。
「国民皆保険が壊滅する」という心配があります。
「そんなことはない!」という意見もありますが、
私はそうは思いません。
混合診療についてはこちらがわかりやすいです。
もう一度問う。混合診療のどこがダメなのか?
混合診療が解禁されれば、
これから新たに発見される治療法は全て保険が利かなくなります。
医療費を削減したい国ですから、
高額な医療を保険内にいれにくくなるでしょう。
安全性も心配です。
高度な医療を受けられるものと
そうでないものの格差が広がってしまうことになるでしょう。
そうです。
TPPは必ず大きく儲けるものとそうでないもの、
つまり生活格差が大きく広がる、と思って間違いないでしょう。
しかし、今参加しなければ後で取り返しのつかないことになるかもしれません。
「TPPに乗り遅れれば二度とチャンスは来ない」
今日という日が10年後、20年後の日本を大きく変える事になりそうです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2020.7.10

2020年のご予約につきまして

昨今の新型コロナウイルスの影響により、皆様の生活も一変したかと思います。そんな中「和みの風」のホームページをご覧頂き、ありがとうございます…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る