ロバ日記

先日の「ビフォーアフター」を見て残念に思いました

画像

先日、たまたまテレビを見ていると、
「劇的ビフォーアフター」がやってました。
この番組好きなんですよね。
新しいものが出来るって、
なんかワクワクするじゃないですか。
たま~にやる「アフターアフター」も好きです。
で、
その日はバリアフリー改築でした。
そして、とても残念に思いました。
介護の現場を知らない人が設計している事にです。
きっと、この「匠」はあまり介護する方の設計に
携わった事がない様に思います。
もし経験が豊富なのだとしたら、
施主さんをフォローをしていないのだと思います。
こちらがその回の詳細です。
一番の問題は、
「今の体の状態にあわせて作っているので、
悪くなった時に対応できない」
という事です。
今後この人がどうなるのかという事を、
いろいろ想像してそれにあわせた調整が
必要なんですよね。
この番組を見た方にしか分からないかもしれませんが、
具体的に書いていきますね。

玄関からかまち(段差)が左側のみなので、
 スロープが付けられない。
  →今後足が悪くなって車椅子生活になった時、
   玄関での方向転換が出来ません。
玄関で扇型にせり出すベンチは、
 高さが20cm程なので、立ち上がりが困難。
  →足の悪い方にとって、
   低い所からの立ち上がりは非常に大変なのです。
畳ベッドが据え付けられている。
  →今はいいかもしれませんが、
   手すりが必要な時、介護ベッドが必要な時、
   非常に邪魔な存在に。
畳ベッドの前には収納ボックスが。
  →車椅子が方向転換も出来ません。
   介護者が回り込む度に
   収納ボックスの上を通らなくてはなりません。
トイレの左右にベンチがある。
  →ベンチを手がかりに立ち上がる事も出来ますが、
   体の状態によっては、低すぎる事もあります。
   両肘で支えられる手すりがあるのですが、
   必要となった場合付ける事が出来ません。
   何もない方が介護しやすいトイレだと思います。

画像

ナースコールの件は、
笑い話にもなりますが、
最後の3つは介護者の事を考えるとかなりつらいです。
せめて畳ベッドが取り外せる事を祈ります。
さらに言えば、
姉妹2人暮らしになったときの事も
考えておくべき事だと思います。
不謹慎かもしれませんが、
必ずその時は来るので。
一度リフォームしたら、
10年20年は住まなくてはなりませんからね。
もし、皆様が介護の為にリフォームをお考えでしたら、
介護の現場を知っている方に依頼された方がいいと思います。
福祉住環境コーディネーターもいいのですが、
やはり在宅を知っている理学療法士さんや作業療法士さんに
見てもらう事をお勧めします。
大きな買い物ですから、
失敗したくはないですものね。
コメント(8件)
2010/7/9
大モンキー @ocn.ne.jp
返信する|戻る
おはようございます。
私も見ていて同様の感想を持ちました。
実際の介護を知らない人達にしてみたら、ナイスアイデア!と思う所満載だったのでしょうけど、自分からしたら
「あんな“見た目きれい”の機能やアイデアは必要ない(かえって邪魔)」
と思いました。
「使用」することはできても「活用」できないものはただの不用品になってしまいますよね・・・。
実際の介護の現場に必要なのは、
・充分なスペース
・掃除・後片付けのしやすさ
・最小限の介助用品
・最短の動線確保
だと私は思ってます。
2010/7/9
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”大モンキーさん
素晴らしい4項目ですね。
まさにその通りです。
特に充分なスペースはとても大切です。
もちろん家の広さは限られていますので、
その中でいかに広さを確保するのかが大切ですよね。
介助用品も
「いろいろ買ったけど結局使っているのはこれだけ」
という事例、結構ありますね。
2010/7/9
モンシュシュ @ezweb.ne.jp
返信する|戻る
おじゃまします。
全くの 同感です。
うちも 母が車椅子なので
家の中 不便だらけです。
番組を見ていて
ありゃりゃ~(・_・;)
って 思いました。
2010/7/9
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”モンシュシュさん
普通の家は車椅子の事を考えて作られていないので、
不便だらけなのは、
ある意味当然だと思います。
だからこそ、
あんなにお金をかけて改装するのですから、
お互いが使いやすい家にしてほしいものですね。
「こんなの使わないよ~」っていうのも、
この番組のお約束ですが、
この物件に関しては、
問題が大きすぎるような気がします。
やはり、経験したらいろいろ見えてきますよね。
2010/7/12
h.u.g. @so-net.ne.jp
返信する|戻る
同感でした。
介護や小さな子供がいる家をリフォームする
匠の設計はひどいと思います。
あれは匠が『コレをやったらどうなるのかな』と思っている
ことを他人のお金で試しているようにしかみえませんね。
2010/7/13
KT@戸田建設 @plala.or.jp
返信する|戻る
最近、あの番組は、見ていませんが、
そういう放送があったんですね。
あれは、「ショー」ですから。(笑)
そう思って見ると楽しいです。
もし、真剣にみたら・・・・
まぁ、なんということでしょう。
と言ってしまいそうです。
だから、見ないようにしてます。(爆)
2010/7/13
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”h.u.g.さん
そうですよねぇ。
きっと試しているんですよ。
あまり経験がないから…。
でなけりゃ、あんな無責任な設計ないですよ。
介護の為の家を造るのでしたら、
もうすこし確認すべき点が多い様に思いますね。
2010/7/13
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”KT@戸田建設さん
そうですね。
「ショー」ですものね。
ただ、あのご家族が「ショー」の犠牲になっていなければ
いいのですが…。
専門家なので、
もっともっと突っ込みどころがたくさんだと思います。
あの番組を、一緒に解説付きで見たいです(爆)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る