ロバ日記

寿命とは「命を寿ぐ(ことほぐ)」という意味

森繁久彌さんが、奥様を亡くされた時の言葉。
「寿命とは、命 を寿ぐ(ことほぐ)と書くんです。
寿命がきて亡くなるということは、めでたいことなん です」

寿ぎ(ことほぎ)
ことほぐこと。言葉で祝うこと。祝賀。「新年の―」
goo辞書より

この言葉に感銘して曲を作ったのが高野健一さん。
「命」という大きなテーマに、始めは悩んだそうですが、
妻への遺言と考えるとすんなり出来たそうです。
生きているもの全てに平等に与えられている「死」。
大切な人に別れを告げられたら、とても悲しいものです。
寂しいものです。
後悔しない人なんていないと思います。

でも、最期までがんばった命を祝福してあげたいですね。
「いままでどうもありがとう」


よろしければこちらもどうぞ。
「延命治療」って何でしょう
自宅で死ぬということ
「いのち」という時間をどう使う?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2022.4.22

どうみん割を始めました

ニュースの発表でご存知の方も多いかと思いますが、どうみん割が5月31日までに延長となりました。和みの風も延長に合わせまして、どうみん割適応…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る