ロバ日記

しかりべつ湖コタン、現在一生懸命制作中!あと2週間が勝負です

1月27日から然別湖で「しかりべつ湖コタン」が始まります。
2週間前と間近に迫って来たため、どのくらい出来ているのかとちょっとのぞきにいって来ました。
お忙しい中ではありましたがスタッフの方とお話が出来たので、そのレポートを。
先日ご紹介した記事はこちら。

作業はまさにこれからが本番

とうに冬本番となりいろいろなイグルーが
出来上がっているのかと思いきや…。
湖の上はこんな感じです。
実はまさにこれからが本番なんですね。

こちらが露天風呂。
今年は足湯を作るとの事で浴槽は2つになるそう。
残念ながらそばに行くことは出来ませんでしたが、皆さん頑張って作業されていました。

メインストリートに沿って、
氷のブロックが並んでいます。
何百個も作るんだろうなぁ
と思っていたら、
数としては「万」の単位だとか…。
ひぇ〜。
そんなに作るなんて驚きです。

この氷のブロックを作るためには、
野菜を収穫するときに使う
「コンテナ」を利用するそうです。
コンテナの中に
シャーベット状態にした氷を入れ、
放置するとあら不思議。
カチカチの氷が出来るんですね。

さすが-10℃以下の気温がなせる技。
これだと完全な氷よりも軽く、
作業がしやすいとの事。
とは言え、15kg以上はあります…。
これを「万」の単位で作るとは…。離れた場所にこんもりした雪山が。
何かと思えば、
逆さまになった手漕ぎボートだそうです…。
なんか、かわいい(笑)。

柱を立ててはいけません

湖畔にあるコンサートホールやアイスバーについては、だいぶ出来上がりつつ。
これらの建物は湖ではなく、陸の上。
特にアイスバーは2階建てになっており重すぎるので、湖に作ると危険を伴うとか。
出来なくはないそうですが、まぁ無理はしない方がいいですよね。
ここは大丈夫ですが、湖の上は重くて重機も使えないそうですよ。

こちらでは屋根を製作中なのが分かると思いますが、
木造の骨組みを使用しています。
「ほ〜大きい建物には柱が必要なのね」と思ったら大間違い。
氷の屋根が出来上がったら、この柱は取り外すそうです。
柱があると建造物になってしまうので、許可など必要になってしまうのだと。
これまたびっくり。

「天井よくみると骨組みの跡が分かりますよ〜」と言われましたが、
「う〜ん…」
言われればそうかもしれないレベルです。

こちらはアイスバーの一部、
自分で氷のグラスを作る作業スペースです。
氷の塊から「氷のみ」を使ってマイグラスを削りだします。
ドリンク付きで一つ1,500円。
間違いなくキンキンに冷えた飲み物が楽しめますね。

この工房の奥に入らせてもらうと、
氷がたくさん。
この氷、広尾町から買っているとか。
「湖には氷だらけなのに買う?」
と思いましたが、
マイグラスを作るための氷なので、
衛生上食品としての氷が必要とか。
「なるほど〜」とうなづく私。
「湖の氷もキレイなんですけどね」
と話していました。

隣にはコンサートホールが。
かなりに広くとられていますが、半分より奥はステージや控室として使われるそうです。
陸に造られた建物は12月頃から制作を開始しているため、
木の葉や小枝がどうしても入ってしまうとか。
「すごく気になるんですよ〜」とスタッフの方は話していましたが、
これもまた言われれば分かる程度のレベル。
長年作っていると、こだわりが出て来ますよね(笑)。

制作を頑張っている方々

しかりべつ湖コタンは今年で37回目。
町や商工会の人が協力して祭りを作り上げたという訳ではありません。
「ホテル風水」の職員ら3人で「湖にイグルーを作ろう!」というのがきっかけ。

今では地元の方や自衛隊の方、ボランティアの方が協力して制作しています。
1週間の方もいれば、長期にわたる方も。
総勢30名前後が入れ替わって。
毎年11月頃には募集しているそうですが、今シーズンはあっという間に定員になったとか。
宿泊、食事などはご用意してくれるそうです。
こちらに詳しく。

私もちょっとおもしろそうだなと思いましたが、かなりの重労働なのでちょっと無理かな〜と。
募集要項を見たら、40歳までと。
あ、無理でした(笑)。

過酷な状況で大変な作業が日中続きますが、
得る物も大きい様で、リピーターさんが多いそうです。
また、人間関係に悩んでいる方や心の病にかかっている方が来る事も。
毎日顔を合わせ打ち解けあううちに、いろいろな悩み事を話せるようになり
大自然の中で癒されて帰っていくのだとか。
そして、ボランティアとしての作業がきっかけとなり、結婚された方も。
時には優しく、時には厳しく、大自然の環境が人をゆっくりと変えていくのかもしれませんね。

1月27日開村式!

オープンまであと2週間。
現状を見て、気の遠くなるような作業が残されており本当に頭が下がる思いでいます。
オープンしたら、またレポートしたいと思いますね。

様々な方の思いが詰まった「しかりべつ湖コタン」。
今年は1月27日〜3月21日の開催です。
暖かい日が続くと終了が早まる恐れもありますので、お早めに楽しんで下さい。

途中の「扇ヶ原展望台」にちょっと寄るのもお勧めです。
こんなすばらしい景色がお待ちしております!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る