ロバ日記

飛行機に乗せられない車椅子があるそうです

私が訪問看護師として訪問している利用者さんが、
飛行機に乗る事になりました。
その方は手足が不自由なので車椅子を利用。
行き先はディズニーランド。
もう、楽しみで仕方がないようです。
が、
使っている車椅子が
飛行機に乗せられないかもしれないという心配が。
何でも、車椅子のシートを動かす際に使われている、
ガススプリングが危険物に当たるためとの事。
日本車いすシーティング協会」という団体が、
許可しているものならば問題ないのですが、
使用しているものは海外製のためよく分からないと。
海外製なので、飛行機を使って日本に来たはずなのに…。
なぜ?
結局、この協会に連絡を取り無事出発することが出来ましたが、
そんなやり取りをするために数日を要したそうです。
また、こんな事例も。
人工呼吸器をつけている方が飛行機に乗る際、
簡易ベッドを利用しなくてはならないので、
それだけで運賃が3倍以上もかかります。
障害者割引もありますが、
定価からの割引なので、
かなりの金額になるのは間違いありません。。
どんな人でも気軽に旅行できる社会になるためには、
まだまだ時間がかかりそうですね。
コメント(6件)
2010/6/9
とどこ @docomo.ne.jp
返信する|戻る
そうなんですね~。
荷物で、おもちゃなんかを送るときも電池が、入っていないか、聞かれます。
飛行機に電池は、持ち込めない、荷物に関してのようですが。
ホント大変です。
楽しみなディズニーになりますように。
2010/6/9
モンシュシュ @ezweb.ne.jp
返信する|戻る
こんばんは~
おじゃまします(*^_^*)
私の母も車椅子を利用しています。
まだ 飛行機には乗ったりしていませんが 車椅子を使うようになって
それまで知らなかった不便な事などを
実感しています。
料金もそうですが
福祉 介護の事に
政府はもっともっと 目を向けてほしいですね。
2010/6/9
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”とどこさん
まぁ全てはテロ対策という事のなのでしょうが、
本当に効果があるのでしょうかねぇ。
許可証さえあれば、
あとは何をしても構わないという事なのでしょうか。
電池だって同じですよね。
何だかなぁ。
2010/6/9
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”モンシュシュさん
やっぱり、数が少ないからなんだと思います。
小さな声はなかなか聞いてもらえません。
票にならないので。
新政権はそんな所にも目を向けてくれるでしょうかね。
2010/6/13
わいだっしゅ @hi-ho.ne.jp
返信する|戻る
 批判は覚悟して書きます。
これは非常に難しい問題だと思います。
交通機関の会社の方からは全てのお客に「安全」を保障しなければなりません。
この「安全」の内容がお客様視点と会社側視点で異なる部分があります。
 結論はどんな車椅子使用のお客様に対しても対応できるようにしておくことでしょう。
 その為の設備投資や情報収集は企業努力としての使命だと考えております。
また車椅子製造メーカーもあらゆる使用状況を考慮しないといけないでしょう。
 公共交通機関と福祉介護はまだまだ課題が山積みです。
2010/6/14
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”わいだっしゅさん
珍しくわいちゃんがまじめな文章を書いてる!(失礼)
確かに課題は山積みですね。
この車椅子の件で私がとても不思議に思ったのが、
この車椅子は海外製なので、飛行機に乗っているはずなんですよ。
なのにどうして日本から出るときは許可が必要なのだろうかと。
あ、船できたかもしれないのか…。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る