ロバ日記

空から何か降りてくる?十勝の空に大きな天使のはしご

夕方車で走っているとこんな景色に遭遇。
キレイです…。
調べてみると、
「光芒(こうぼう)」「ヤコブのはしご」「レンブラント光線」とも呼ばれているそうで、
気象用語では「薄明光線(はくめいこうせん)」だそう。
雲の切れ目から太陽の光が漏れるため、このような美しい光景になるんですね。
何か空からおりてきそうな気配ですね(笑)。

下が暗くなっていますが、思いっきり逆光なので仕方なく。
周りは見渡す限り畑です。
だから電柱もありません。

広々した空に、数々の光の帯。
しばらく見入ってしまいました。
これも空の広い十勝だからなのでしょうね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2018.7.20

十勝平野の見晴らしと雲海が同時に楽しめるおすすめの穴場をご紹介!

前回、日勝峠展望台をご紹介しました。 日勝峠はよく知られているものの、雲海スポットととしてはあまり知られていないですね。 気象条件がそろえば…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る