ロバ日記

雪下ろしのためにちょっと改良、でもあまり…

2月も下旬になり、太陽の暖かさを肌で感じるようになりました。
十勝は晴天の日が多いです。
なので、1月も十勝晴れはよく見られていましたが、最近今までとは違う暖かさを感じますね。
少しずつではありますが、春のきざしが見えて来たようで嬉しいです。

とは言え、まだまだ冬景色。
時折雪も見られます。
屋根に降り積もった雪は、時々下ろしてあげないと行けません。
でないとこんな事に…。

懲りたはずなのに再度…。

という事で、事前の雪下ろしは大切なのです。

雪かきの必需品、スノーラッセル。
よく使われるのはスノースコップや
スノーダンプですが、
このスノーラッセルも軽い雪にはとても有効。
雪を持ち上げる訳ではないので、
腰に負担がかからないのです。
これ、
スノーラッセルという名前だったんですね。

で、先日先端を折ってしまったので、
ちょっと改良。
屋根のつなぎ目にあわせて
両脇を切り取りました。
これなら、うまく押し出せるかと。

でも、
やってみてもあまり意味がなかったような…。
普通のスノーラッセルでも
雪を落とせた感じでした。

きっと、秋に落ち葉落しとして有効になるでしょう…たぶん。

で、せっせと屋根から雪を下ろします。
娘は屋根に登るのが大好き。
一緒に手伝ってくれました。

これで一安心です!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2022.4.22

どうみん割を始めました

ニュースの発表でご存知の方も多いかと思いますが、どうみん割が5月31日までに延長となりました。和みの風も延長に合わせまして、どうみん割適応…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る