ロバ日記

クレンリネスとクリンネスは視点の違いなんですね

あるお客様からのお言葉。

快適に過ごして頂けたようでよかったです。
それにしても「クレンリネス」って何でしょう。
「クリンネス」と同じ意味…?
なんて思ってしまいましたが、私の方が間違っておりました、お恥ずかしい…。
「クリンネス」と「クレンリネス」は意味が違うようです。

まずは英語辞典より。

クリーンネス(cleanness)……クリーン性; 清浄度; 清浄
クレンリネス(cleanliness)……清潔、こぎれいさ、きれい好き

Weblio 辞書より

英語辞典だけではよく分かりません。
このページを読んでしっくり来ました。

クリーンネス…掃いたり拭いたりなど 「きれいにするための行為、作業」
クレンリネス…その行為の結果もたらされる「清潔で、安全で、快適な状態」

クリンネスは掃除をする者の立場から見た言葉で、
クレンリネスはお客様の立場から見た清潔な状態という事ですね。

つまり、いくらクリンネスに徹しても、
クレンリネスが保たれてなければ意味がないことになります。
全てはお客様がどう感じるかという事ですからね。

はい、クレンリネスについては特に気をつけております。
私自身、男性としてはきれい好きな方かと思うのですが、実は妻の方がより厳しいです。
でもそのおかげで、皆さんにも喜んで頂いております。

気持ちよく、心をゆったりするためには、きれいな環境でなくてはのんびり出来ませんものね。
これからもクレンリネスを維持していきたと思っています。
それにしても言いにくい言葉ですね…(笑)。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2018.7.20

十勝平野の見晴らしと雲海が同時に楽しめるおすすめの穴場をご紹介!

前回、日勝峠展望台をご紹介しました。 日勝峠はよく知られているものの、雲海スポットととしてはあまり知られていないですね。 気象条件がそろえば…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る