ロバ日記

ボランティアの学生さんを受け入れて

数ヶ月前、息子が小学生だった頃の担任の先生から電話がありました。
「ボランティアで学生を受け入れるので宿泊をお願い出来ませんか?」
担任の先生からのご依頼ですから、喜んでお受けしますよ…と思いましたが、6泊7日と。

6連泊は初めてですが、これも経験とお受けすることにしました。
チェックインが19時以降、チェックアウトが7:30前後で朝食のみとのご希望。
訪問看護の仕事を続けているので、こちらとしてもこの時間設定は大変助かりました。

いらしたのは、6人の大学生。
ボランティアと言われましたが、
ほぼ教育実習のような関わりのようです。
ちょうど、学習発表会があり
そのための準備も含めた内容との事。

先生として授業を受け持つ時間もあるようで、
夜な夜なその準備を頑張っていました。
そんな姿を見ていると、影ながら応援したくなりますよね。
皆さん、真面目な学生さんで、宴会もせずにお勉強をしておりました。

最終日の夜、皆さん担当した授業を終え
のんびりする時間が出来たので、
うちの娘とも遊んでもらいましたよ。
担任の先生や子供達の話しなど、
楽しい時間を過ごす事も出来ました。
1週間ともなるといるのが当たり前になり、
最終日には何だか寂しくなってしまいました。
下宿先の寮母さんのようになった気分です。

皆さんきっといい実習になったと思います。
こういった時間はとても思い出に残りますものね。
この取り組みは毎年行っているそうで、来年も同じような予約が入るとの事。
私自身も、いい経験になりました。
これからは、もっと積極的に連泊をお受けしたいと思っています。
時間の制約があるのが申し訳ない所ですが…。

こんなコメントも頂きました。
今度はプライベートでも、お越しくださいね。
お待ちしています!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る