ロバ日記

初心を思い出して…

画像

先日ご宿泊頂いたお客様のお話です。

関西からフェリーでいらして、今回の北海道旅行は全9泊。
御主人は足が不自由のため、車椅子での移動です。
高齢のご夫婦で、介護者は奥さん1人。
車椅子の御主人とともに、9泊も北海道旅行をするのはかなり大変かと思います。
運転から、荷物の運搬、リフトはついているというものの車椅子の車への積み込み…。
すべて一人でこなさなくてはなりません。
「もう何度も出かけてますから」と奥さんはにこやかに話していました。

その車椅子は電動車いすなので、操作をするレバーがあるんです。
食事の際、それがテーブルに引っかかってしまい、
どうしても身体との間に隙間が出来てしまいます。
宿の椅子への移動を提案しましたが、よく見るとその操作レバーは外れそう。
ちょこっと引っぱると、見事に外れました。
「あ~、これはずれるんですね」と、とても嬉しそうな表情と共にうっすら涙が。

聞くと、もう3年程使用しているそうですが、いつもこのレバーのために食事がしづらかったと。
ちょっとした事ですが、その表情に、色々と苦労されてきた場面が想像できました。
「和みの風」の家庭的なお食事にも満足して頂けたようで、
「とても和みました」とご感想を頂きました。
2人で仲睦まじく過ごしている時間がとても穏やかで、
見ているこちらの方が、元気をもらいました。

今年もたくさんのお客様に来て頂いていますが、
経営的にはまだまだ安定しているとは言えません。
宿泊して下さった方の多くは、ありがたい事にとても満足して頂いています。
でも、なかなかそれが広がらないのです。
正直言って、家族の事を考えると、宿を閉めた方がいいのかと思う事もありました。

でも、このお客様にお逢いして、「やっぱり続けなきゃいけないんだ」と再確認。
このお客さんは旅慣れているので、普通のホテルでもそれ程問題なく宿泊できることでしょう。
こんな風に旅行が当たり前にできる様な、
ご夫婦がどんどん増えてきたらとても嬉しい事なんです。
その「きっかけ」が私達の宿だったら、こんなに嬉しい事はありません。
メディアヘの宣伝、クチコミの増強、広告戦略…。
まだやれる事はたくさんあります。
簡単に諦めたりせず、がんばってみたいと思います。
「成功」するまで続ければ、「失敗」とは言わないんですよね。

画像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2018.6.8

〜共栄橋通行止めのご連絡〜 鹿追・上士幌方面へ行かれる方はご注意を

平成30年5月16日より、近所の共栄橋が通行止めとなりました。 橋脚(土台)が傾いたため道路がくぼんでしまっています。 写真で見ると一…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2019年8月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る