ロバ日記

チェンソーの目立て

画像

多量の薪をなんとかしなければと思い続けて、はや数週間。
やっと2回目。
今回は目立てをしなければなりません。
目立てとはチェンソーの刃を研ぐ事。
チェンソーを使うのと目立てはセットで考える位大事な事だそうですよ。
使うのはスタンドと金やすりのみ。
スタンドは研ぎやすいようにチェンソーを固定する器具。
固定出来ればいいので、安いクランプで十分。
やすりはただの棒やすりでもいいのですが、所詮素人。
角度が変わりやすいので、ガイド付きの物を購入しました。

画像

こんな風にラインに合わせて、研ぎます。
思ったより刃が軟らかく、数回削っただけでバリ(削れた後)が出ますね。
刃を一つ一つを削るので数はありますが、それ程時間がかかりません。
かなり切れ味が良くなりました。
で、2時間半程度薪切り。
身体痛いです…(笑)。
やっと1/3が終わった感じですかね。
てことは6日もあればなんとかなりそうです。
って、これを割るのにどのくらい時間がかかるんでしょう…(笑)。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2018.7.20

十勝平野の見晴らしと雲海が同時に楽しめるおすすめの穴場をご紹介!

前回、日勝峠展望台をご紹介しました。 日勝峠はよく知られているものの、雲海スポットととしてはあまり知られていないですね。 気象条件がそろえば…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る