ロバ日記

バリアフリーという言葉

バリアフリー
身体障害者や高齢者が生活を営むうえで支障がないように、商品を作ったり建物を設計したりすること。また、そのように作られたもの。
岩波書店「広辞苑 第五版」より

もともとは建築用語みたいですね。
時折、バリアフリー=段差がない
という意味で使われる事があり、
「完全バリアフリーの建物です」
なんて、書いてある物件があったりします。
「それは違うでしょ」
と思ってしまいますが。
バリアは人それぞれ。
点字ブロック(床にある黄色いボツボツ)は
高齢者にとっては、つまづく原因にもなるし、
障害者用のトイレは、
視覚障害者にとっては広すぎて感覚がつかめない。
スロープだって、麻痺がある方にとっては、
バランスを崩しやすくかえって危険。
ユニバーサルデザインという言葉の方が、
しっくりくるんだけど、
あまり言葉にこだわるのもどうかと。
私達の宿は、完全バリアフリーではありません。
玄関には段差もあります。
(もちろん車椅子が入りやすいようにスロープもあります)
お客様が安心して、楽しく過ごせるように、
その方にあったおもてなしをしたいと思っています。
せっかく、お泊まりにいくのに手すりばっかりで
施設みたいだったらいやですものね。
コメント(2件)
2007/12/12
ささきWXY @infoweb.ne.jp
返信する|戻る
はじめまして、こんにちは。
うーん、なるほど、ですね。
自分もなんとなく「バリアフリー=段差のない」って考えてました。 ためになりました。
またお邪魔します。
2007/12/12
和みの風 @vectant.ne.jp
★”ささきWXYさん
コメントありがとうございます。
「ためになりました。」
なんてありがたいお言葉です。
またよってってください。
そんなまじめな話ばかりではないと思いますが。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る