ロバ日記

命を考える絵本「だいじょうぶだよ、ゾウさん」

昨年末受けた研修で紹介してもらった絵本。
とてもいい表現だったので、
すぐに買ってしまいました。

この本は明らかに「命」について語っているのに、
「死」という言葉を一度も使っていないんですね。
あえて「ゾウの国」に行くという表現をしています。
「おじいちゃんはね、
別の国に行かなくてはならないんだよ。」
「ずっと前に生きていた人たちは
みんなそこに行ったんだ。」
「死」というあまりにも直接的で、
鋭利な表現を避けた所に、この本の温かさを感じます。
小さな子供にもすっと入ってくる表現ですね。

さっそくうちの子供に読ませると、「おもしろかった」と。
「どこが?」と聞いても答えられませんでしたけどね。
「どうしてねずみさんは橋を直してあげられたんだろう?」
「わかんない。」
「もしねずみさんだったら、橋を直してあげる?」
「やだ。」
あたりまえの話ですが、
子供たちが十分に理解するのはまだまだ難しいようです。
ただ、この本を一緒に読む事が、
大切な人との別れを少しでも受け入れやすくできることに繋がるのではないかと思います。
お勧めですよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2018.7.20

十勝平野の見晴らしと雲海が同時に楽しめるおすすめの穴場をご紹介!

前回、日勝峠展望台をご紹介しました。 日勝峠はよく知られているものの、雲海スポットととしてはあまり知られていないですね。 気象条件がそろえば…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る