牛屋さんを見て来ました

画像

先日、ロバのえさでお世話になっている牛屋さんを、
見学させていただきました。
牛屋さんとは酪農家さんのこと。
(鶏屋さんとか、豚屋さんとかも言うのでしょうか)
「和みの風」から歩いて5分程の所にあるご近所さん。
いつもとてもお世話になっております。

画像

まず牛舎に入ると一斉に牛達がこちらを見ます。
牛ってとても好奇心が旺盛とか。
あまりに注目されるので、
ちょっとこちらが恐縮してしまう程。

画像

外にものんびりと草を食べている牛達がいます。
動きものんびりしていますが、
走ると結構速いです。
この大きな身体が走ると迫力があります。
若い牛、出産前の牛、色々グループに分けて
飼っているそうですよ。
トップの写真は1週間程前に生まれた牛です。
うちの子にもミルクをあげさせてもらいました。

画像

牛だけに、哺乳びんもでかいです。
かなりの吸引力で、
とても強い力で引っ張られるようです。
飲みきった後も「もっと欲しい」と
言わんばかりに寄ってくるのがかわいかったですよ。

画像

こちらも生まれたばかりの子。
牛らしい模様がきれいですね。
テレビや絵本などの影響で、
牛が生まれる時に人間が引っ張っている絵を想像していましたが、
そんなことはほとんどないそうです。
朝牛舎に行ったら、
生まれていることがほとんど。
感動の出産シーンはなかなか見ることが出来ないとか。
こういう現実を本当に知らないもんだなぁとつくづく思います。
牛乳はスーパーに売っているもの。
牛乳について考えることはそれくらいでした。
それをこんな方法で作り、
こんな苦労しているということは全く考えもしません。
農業も、漁業も一緒。
生産者の皆さんの想いなど、
もっともっと知らなくてはならないと思いますね。
とても勉強になる一日でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る