ロバ日記

地元での地元民による地元民のためのお祭りも面白い!鹿追産業まつり

9月24日(日)、鹿追町で鹿追産業祭りが開催されていました。
もう36回目を数えており、まさに恒例行事。
こういったお祭りが十勝では非常に多く、それぞれの市町村で行われています。
「産業まつり」と聞くと、なんだかイメージつきにくいかもしれませんが、
「産業」、つまり十勝では第一次産業がメインなので、農畜産物のお祭りと考えて下されば。

まず目に入るのがたくさんの屋台。
焼き鳥やらソーセージ、焼きそばなど屋台としてはオーソドックスメニューが並びます。
とは言えここは十勝ですから、鹿追産牛肉など産地にこだわった物も多くありますよ。
そして「産業」なので野菜も直売しています。

お子さん達の目当てはこれ。
”キュウレンジャーショー”です。昔ゴレンジャーがありましたが、
今はキュウレンジャーだそうです。
ゴレンジャーは5人なので、
キュウレンジャーは当然9人、
ですが、ショーでは5人でした(笑)。
写真の掲載は禁止だそうで、
喜んでいるお子さん達の姿を…。

そして、野菜の詰め放題なんかもあります。
これが無料ということで、私もビニールいっぱいにジャガイモと人参をつめてきました。
景品が当たる抽選会や、餅まきなどもありましたよ。

と、ここまではどこのお祭り会場でも良くある風景です。
ただ、鹿追町はちょっと違いました。
地元の小中学生が交流促進事業として「ふれあい2017 in しかおい」として、
イベントを運営しているのです。
独楽回しやストラックアウトをスタンプラリーとして小さいお子さんに提供し、
学校で行われている課外授業の発表もしていました。

これって、とてもいい事だと思います。

自分の家族に子供がいないと、
地域の子供達がどんな事をしているのか
知る機会がありません。
地域の方の前で発表するというのも、
子供達にとって、いい経験になると思います。

メジャーな観光スポットを巡るのもいいのですが、
こうやって地元のお祭りをのぞいてみるのも面白いと思います。
こういったイベントがいつあるのかは、こちらでご確認を。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2022.4.22

どうみん割を始めました

ニュースの発表でご存知の方も多いかと思いますが、どうみん割が5月31日までに延長となりました。和みの風も延長に合わせまして、どうみん割適応…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る