ロバ日記

春の風物詩が今年は早いです

ざ、ざ、ざぁ~、どし~ん。
春が近くなると訪れる風物詩。
屋根の雪が落ちる音です。
それは地震でも来たかと思うくらいに重く響く音。
なんと、もうその音が聞こえてしまいました。
しかも夜中に。
5日程前とても暖かい日が続いており、
その日は朝だというのにすでに+5℃!
この時期の朝で0℃以上になる事なんてなかったのですが、
5℃もあるんですよ。
びっくりです。

画像

こんな風に、雪が落ちてきます。
下の方は氷になっています。
こんな氷の固まりが落ちてくれば音もすごいですよね。
実は今年の十勝、かなり雪が少ないんです。
昨年の12月にどさっと降ったっきり、
除雪が必要な程の雪は全くありません。
大雪で大変な思いをされている札幌方面の方には、
大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
今日も、雪になるという予報でしたが、
全く降っていない様子。
まさかこのまま降らないまま春を迎えるとは思いませんが、
あまりにも雪の少ない十勝でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2020.7.10

2020年のご予約につきまして

昨今の新型コロナウイルスの影響により、皆様の生活も一変したかと思います。そんな中「和みの風」のホームページをご覧頂き、ありがとうございます…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る