ロバ日記

数年に一度の大雪でも逢って欲しい人がいる

3月1日、十勝地方は数年に一度の大雪に見舞われました。
発表では帯広で47cm、隣町の新得町では54cmとのこと。
事前に予報されていたものの、やはり行き交う車はなくなることはなく、
そこかしこで渋滞やスタック(雪にはまって動けない状態)する場面を多数見ました。
なにせ私自身、渋滞やスタックに見事にはまった一人なので…。

実はこの日、お客様の予約が入っている日。
朝食のみのお客様ですし、妻が自宅にいるので急ぐ必要はなかったのですが、
帰宅するのが予定より3時間以上もかかってしまいました。
スタックした時は今日中に帰れるのか不安になる程でした…。
この写真雪山にしか見えませんが、車なんです。

こんな悪天候だったので、ご予約のお客様はキャンセルになるのでは?
と思っていましたが、何とか来て下さいました!
私と同じように帯広で渋滞に捕まり、予定していた場所での夕食も変更に。
小さな赤ちゃんもお連れだったので、心配していましたが、
旅行の目的を知り納得しました。

数年に一度の猛風雪で、夜遅くに着いたにも関わらず、暖かく迎えてくださり、本当にありがとうございますした。
今回は、遠い地元に住む、娘からしてみればひいじいちゃん、ひいおばあちゃんに、初ひ孫の顔を見せることが目的での帰省で泊まらせていただきました。
夫の仕事が不定休で、来月からは仕事が更に忙しくなる為、このタイミングでしか行けなかったのですが、なかなかスリリングな遠出になってしまいました。
そんな中での和みの風さんでの過ごしは、とても癒しの時間を私たち家族に与えてくださいました。
館内は私たち夫婦の好みにぴったりな、木の温かみを感じる雰囲気で、飾ってあるインテリアも素敵で、朝食もとても美味しくて、その朝食が乗った食器類も素敵で、全て素敵でした!
私は高校卒業後は札幌の方にいたので、まさか、地元にこんな良い宿があるなんて知らなかった!と思いました。
娘はまだ生後3カ月にもならない小さな月齢で、正直今回は不安しかなかったのですが、体調を崩すこともなく、穏やかに過ごすことができました。こんな小さい子でも穏やかに過ごせる宿はそうそう無いですね。
次は娘がもう少し大きくなって、暖かい季節にゆっくり来れたらと思います。
一泊二日、お世話になりました。

お仕事でなかなか遠出が出来ません。
でも、やっぱりひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんには初ひ孫に逢わせてあげたい。
そんな思いが、この悪天候でも出発する気持ちになったのだと思います。
若いパパママとは言え、ひいおじいちゃん達となればかなりのご高齢でしょう。
きっと大喜びだったと思います。

逢わせたい人がいる、その思い叶えられてよかったですね。
また、大きくなったら遊びにきて下さい。
除雪が出来なかったので、全く顔をお見せ出来なかった「もも」に是非逢って頂きたいと思います。
ご宿泊ありがとうございました。

ちなみに、ロバの道路を作っても、夜の強風で翌日にはこんなでした…。
薪小屋前なども含め除雪ばかりでうんざり気味。
あ、まだ屋根をやっていない…(笑)。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る