ロバ日記

水着での温泉はカップルや3世代旅行にぴったり「ガーデンスパ十勝川温泉」


今日は昨年12月に誕生した
「ガーデンスパ十勝川温泉」をご紹介します。
温泉と名のつく以上立派なモール温泉です。
一番の特徴は水着で入る温泉なんです。

水着を着て温泉を楽しむ

場所は十勝川温泉になりますので、すぐにわかると思います。
十勝川温泉ですから、もちろん泉質はモール温泉。
「美人の湯」と言われ、茶褐色の植物由来のお湯はお肌をすべすべにし、とても温まります。

普通に温泉に入るのでしたら、ホテルの日帰り温泉でいいかと思います。
しかしここガーデンスパの特徴は、水着を着て入る所。
なので、男女混浴。
カップルでもファミリーでも皆一緒に温泉が楽しめるんですね。

温泉なのに、カップルでしたら2人でずっと一緒に過ごせ、
お子さん連れでしたら、パパとママで見守りを分担出来るんですね。
お子さんが多い場合でも安心ですし、
例えばちょっと大きくなった男の子とママだけという場合も温泉を楽しめます。

特にお子さんは浮き輪やボール(55cmまで)の持ち込みが可能な温泉があるので、
とても楽しめると思います。
夏の期間は「水の遊び場」がオープンし、水が吹き出る所もありますよ。

また、3世代旅行もお勧めですね。
プールで遊ぶお孫さんを見ながら、ゆったりと温泉で過ごすことが出来ます。
温泉ですから、ご年配の方も一般のプールよりよっぽど過ごしやすいと思います。
更衣室やトイレなど施設自体広くはないので、車椅子の方は難しいかもしれません。
ただ、多少足が不自由であっても、温泉内なら別性でもお手伝いが出来るので、
自分で更衣が出来るのであれば利用に問題ないと思います。

洗い場はどこ?

ちょっと戸惑ったのが、洗い場。
お風呂内には洗い場がありません。
体を流すだけのシャワーが3つあるだけです。
シャンプーなどアメニティーがそろったシャワーは更衣室に2つだけ。

すいているときはそれほど問題にはならないのですが、
混み合っているときにこの数ではちょっと心もとない様に思います。
更衣室も思いのほか狭く、夏休み期間など人数制限が必要なのではと思ってしまう程。

連休やお盆シーズンなどは、混み具合を確認してみてもいいかと思います。

レストランや各種体験も充実

揚げたてカレーパンが楽しめる「よりみちベーカリー」、
十勝産チーズを盛り込んだピザが売りの「ターブル・べジ」など、
十勝らしいレストランも並んでいます。
雰囲気がいいので、のぞいてみるのもいいと思いますよ。

十勝で体験と聞くと「バター作り」などがありがちですが、ここはかなり攻めてます。
なんと「モール豚の生ハム作り」です。
豚の骨付きもも肉まるまる1本使って生ハムを作ります。
価格も39,000円と、これまたびっくり。
他にも「味噌作り」や「豆腐作り」など、なかなか体験出来ないメニューがいろいろ。
イベントもいろいろあるようなので、HPでチェックしてみてはいかがでしょうか。

水着で入るというメリット

お風呂の数は多くないのに大人1,500円と、日帰り温泉としては多少割高ですが、
レジャースポットとしてのプールを考えれば、それほどでも。
湯浴み着と呼ばれる温泉用の水着もタオルも料金に含まれています。
やはり、水着で温泉に入れるというメリットを感じられる方にとっては、
とてもいいスポットだと思います。

デザインも洗練されていますし、夜になるとお風呂内の暖炉の炎がともります。
無料の足湯を楽しむのもよいですし、屋外のたき火で焼いたマシュマロもお勧め。
道の駅に立ち寄る感覚で、ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る