ロバ日記

「小さいそれがいるところ 根室本線・狩勝の事件録」の舞台、羽帯駅

とてもいい天気だったので、
清水円山展望台を撮影しに行きました。
羽帯駅が通り道にあるので、たまたま撮影。
ここは、根室本線の無人駅で「はおび」と読みます。

なんと、「このミステリーがすごい!」の
大賞になった小説、
「小さいそれがいるところ 根室本線・狩勝の事件録」の
舞台なんだとか。
「羽帯」の名前の由来はアイヌ語の「小さい『それ』がたくさんいるところ」を意味する「ポニオプ」から(wikiより)。
ん?これ題名はここからとったんですね。
ちなみに「それ」とは…
ネタばれに繋がりそうなので、ここでは書きませんよ。

せっかくなので、表紙のイラストのように電車も撮ればよかったかな…と思いましたが、
残念ながら1日に8回しか電車が止まりません。

wikiによると、1日平均利用客が0人とか。
まぁ、仕方がないでしょう。
周りは店どころか、民家すらありませんので。
駅舎に趣があります。
駅ノートがあり、
旅行された方が思い出を残しておりました。

線路はひたすらまっすぐ、
前を見ても後ろを見ても…。
気持ちのよい天気です。

この本を読んで旅をしたくなった方、
こんな無人駅がお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る