ロバ日記

ロバとの知恵比べ

画像

昨年9月に和みの風にやって来た「さくら」と「くるみ」
お客様にも愛されて素晴らしい看板ロバぶりを発揮しています。
が、
結構これが言うことを聞かない。
目標としては引き馬ならぬ引きロバが難なく出来るレベルまで
持って行きたいんですけどねぇ。
娘の「くるみ」はすぐに寄っては来ますが、
リードを付けて庭に出ると、
草を食べ始めて動こうとしない。
親の「さくら」にいたっては
リードを付けることもやっと、
身体に触ることも嫌がります。
こちらの装蹄師さんが言っていたのですが、
ロバはもともと「ほっといてくれ」と思っているとのこと。
当初、バケツに草をあげていたのですが、
草さえあれば遠くに行かないと分かったので、
庭に解放していました。
だんだん緊張感がなくなって来たみたいで、
車通りの多い道路近くまで出るようになってしまいました。
調度そこにはロバの好きな「スギナ」があったんです。
賢いロバのこと、
すぐにそこに行くようになってしまいました。
何かあったら危険なので、
えさのときはリードを付けての食事に変更。
それでも飽き足らないようで、
日中でも柵を外して行くようになってしまいました。
柵が簡単に外れないようにしたら、
今度は柵の間からすり抜けて…。
穏やかなロバですが、
食欲はかなりあるようです。
飼い主とロバの知恵比べ。
まだまだ続きそう。
信頼関係が築けるのは一体いつの日か…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る