ロバ日記

まつぼっくりの炭

画像

6月にいらしたお客様より小包が届きました。
開けてびっくり。
「まつぼっくり」の炭でした。
お客様が泊まられた朝、
まつぼっくりを拾っていたようで、
どうするのかとうちの子が聞いたそうです。
「出来上がったら送ってあげるね」という子供との約束を
しっかり果たしてくれました。
でっかいまつぼっくりは珍しいそうですよ。
うちではそこら辺にあるので、
何とも思っていなかったのですが。
それにしても炭を焼くなんて
何と素晴らしい趣味でしょう。
一緒に入っていたのは「ゆず」。
親戚の方がたくさんとれたそうなのでお裾分けと。
とてもいい香りで、玄関に飾りました。
ゆず風呂も存分に楽しみましたし、
料理にも使わせて頂きました。
心のこもった贈り物ありがとうございました。
そして今年もあと2日。
いらして頂いたお客様、ブロクを見て下さっている方、
本当に本当にありがとうございます。
来年もいい年でありますように…。
コメント(2件)
2009/12/30
てあて処 林檎杏 @ocn.ne.jp
返信する|戻る
今はいろんなものを炭に出来るようで素敵ですよね☆
我が家も脱臭剤として飾っていましたが、こんな崩れやすいものをどうやって作っているのだろうと思います
松ぼっくりや果物、落花生まで…
容器から出して飾ってたら、埃まみれになってしまい崩れやすいので払うこともできず…
キレイに楽しむなら容器に入れて飾ることをおすすめします!!
身近なところに幸せは転がっているのですね
粋な贈り物を下さるお客様、和みの風さんご家族もきっと素敵な方々なのでしょうね
2009/12/30
和みの風 @plala.or.jp
★”てあて処 林檎杏さん
こういった炭は本当に壊れやすいようです。
ちょっと触っただけでも崩れて来て…。
送って下さったのも、おがくずの中に入っていましたよ。
確かに埃がつきそうです。
入れ物ですね、はい。
それにしても果物でも作れるんですか、炭って。
ちょっと調べてみたら、
空き缶に入れて加熱したらできるとな。
http://rikadama.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_23a4.html
薪ストーブで作れば案外簡単かもしれません。
アイディアありがとうございます。
そのうち作って、またレポートしたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る