ロバ日記

じいさんの工作

今、新潟に住むかぁちゃんの父親がお手伝いに来てくれています。
既に70代なのですが、
とても良く動く方。

画像

もともとあった人舞福祉館を改築する際、
多量の廃材が出ました。
そのまま捨てるのはもったいないし、
お金もかかるので、ストーブの燃料として。
釘が多数打ち込まれているので、
それを抜くお仕事をじいさんに頼んでいました。
じいさんは早く畑を作りたかったらしく、
この廃材を利用してあっという間にこんな物を作ってました。

画像

息子は突然の種まきで、
大喜び。
昨年自分でとったエンドウなどだそうです。
また楽しみが増えましたね。
物置も作らなくてはならなかったので、
お手伝いを頼みました。

画像

しっかりと石をいれて基礎づくりから始めてます。

画像

柱が出来て、

画像

出来上がり。
さすが昔の人、
道具も自分で作ってしまいます。

画像

これで地面をばんばんたたいてました。
転圧機代わりなんですね。
ほとんど職人です。
夏の間はいてもらいます。
本当にありがたい。
コメント(6件)
2008/6/18
森の遊び人 @plala.or.jp
返信する|戻る
すごい!
昔の人は本当に知恵がありますね。
コニファーにもお義父さんの様な方がいたら・・・。
そうですか、夏の間居てくれるのは助かりますね。
大変お忙しいとは思いますが、怪我等しないように頑張って下さいね。
2008/6/18
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”森の遊び人さん
いやいや、オーナーさん自身何でも出来るじゃないですか。
じいちゃんでもユンボは動かせんませんよ。
体力があるのはいいのですが、
年齢の事もあり、
あまり無理させすぎてはと心配はしているんです…。
2008/6/18
森の遊び人 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”和みの風さん
お義父さんは、そこにいる間は若返るのでは?
私の、川向かいの人は80近いのに毎日帯広から車で山通いし毎日草刈りやらチェンソーやらを使いこなしていますよ。
でも、無理は禁物、好きな事をして貰うのが一番ですね。
2008/6/18
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”森の遊び人さん
少なくともぼけることはないとおもいます。
いろんなこと考えていますので。
こんどは廃材を切った後に置く、
薪小屋を造ってくれるそうです。
9月までに帰れるのでしょうか…。
2008/6/23
かりかり @docomo.ne.jp
返信する|戻る
★”和みの風さん
廃材で、あっという間に物置小屋 作るのも お手のものだもの薪小屋なんざぁ 職人気質な義父さんとあらば数日で完成!では?
きっと立派~!な薪小屋が出来ることでしょう。
お身体 無理せずに楽しんで、ひと夏 過ごせると良いですね♪
秋…お義父さんが地元に帰られた日には 寂しくて仕方なくなるかも?ですね。○木さん♪
お子さんは、きっとしばらくこう→ 。゜(゜´д`゜)゜。でしょう ( ̄ー ̄)
2008/6/23
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”かりかりさん
そうなんです。
秋を過ぎたら寂しくなりますよね。
ずっとすんでいてほしいのはあるのですが、
どうも北海道の冬は苦手みたいで。
冬は何もすることがないことも、
つらいようです。
薪小屋はそのうち出来るでしょう。
確かに立派そうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る