ロバ日記

失敗しない薪ストーブのつけ方

以前こちらで薪ストーブの火のつけ方を紹介しました。
確率は減りましたけど
トーチを使っても部屋を煙だらけにする事がありました。
おそらく、煙突の中の空気が冷えていて
動かない事が原因と思います。
そこで考えました。
この方法ならバッチリです。

画像

トーチごと庫内にいれてしまう
のです。
庫内が冷えている状態で、
換気口が空いているのを確認し、
火がついているトーチをそのままいれます。
そして(ここが重要)完全に蓋を閉めます。
何分もしないうちに、
上昇気流が生まれます。
試しに、ライターの火などを換気口に近づけると、
空気の流れが解ります。
一回上昇気流が生まれれば、
ふたを開けて薪を組み始めても大丈夫。
これを知ってからは、
全く失敗する事がなくなりました。
考えてみればそうですよね。
ふたを開けた状態でいくらトーチを燃やしても、
入り口から空気が出入りすれば、
煙突の空気は動かない。
蓋を閉めれば換気口からしか空気は入らず、
煙突から出て行く。
こんな簡単な事に気がつくのにずいぶんと時間がかかりました。
あ、くれぐれも薪が燃えている状態で、
トーチを庫内に入れないで下さいね。
爆発しますから。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2022.4.22

どうみん割を始めました

ニュースの発表でご存知の方も多いかと思いますが、どうみん割が5月31日までに延長となりました。和みの風も延長に合わせまして、どうみん割適応…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る