ロバ日記

民間救急搬送がもたらす幸せ

すっかりこちらの更新を忘れていました。

民間救急搬送がもたらす幸せ
私が病院に勤めていた頃の同僚が、神奈川県内で民間救急搬送・介護タクシーの会社を始めました。民間救急搬送とは、消防庁に認定を受けた事業所が行う搬送サービスで、救急救命士や看護師などが同乗できます。と書くと通院や、転院時のみと思われがちですが、それだけではありません。
先日、看護師として事業を支えている奥様から興味深い話を聞きました。「娘の結婚式に出席したい。看護師さんに付き添ってほしい」と依頼があったそうです。その方は脳梗塞による左半身まひ。食事も会話も可能ですが、移動は車椅子でした。
当日はとてもいいお天気。入院中でも、この日は花嫁の父。礼服に着替えるのは大変だったそうですが…着替えると、見違えるようでした。
そして間もなく結婚式本番。奥様の押す車椅子がゆっくりとバージンロードを進みます。リハーサルでは繋がなかったお父さんの手を、花嫁さんはしっかりと握り、何度も「ありがとう」と言いながら涙ぐんでいたそうです。「今日は迷惑をかけます」と恐縮されていたお父様も、帰りには「皆が喜んでくれて良かった」とお話しされていたことを、万一の場合に備え、会場の奥で待機していた看護師さんも聞いて胸が一杯になったそうです。
この会社では、他にもドライブなど、救急搬送以外に「ワクワク系」と呼んでいる外出のお手伝いに力を入れています。ただ、こういった依頼はまだ少数。「行きたいけどね…」で止まってしまうことも少なくないとか。病気や障害を抱えながらの外出は確かに簡単なことではありませんが、やはり一歩踏み出せるかはご本人の意欲が大きいようです。
「輸送業ではなく楽しさを創造する起業でありたい」を理念とする『ふたばらいふ』を是非皆さんに知って頂きたいと思いました。車いすでもご年配の方でも、どんどん外に出られる様な社会になることは、私たちの願いと同じなのです。

画像

ここで出てくる看護師さんは会社を起こした同僚の奥さん。
実は私の吹奏楽団の後輩。
つまり、私がくっつけちゃったんです。
なんとな~く雰囲気が似てたので、
合コンをセッティングしたんですよね。
そしたらあれよあれよという間に、ゴールインです。
2人で会社まで起すとは思いもしませんでした。
会社を起こすきっかけになったのがこちら。
ちょっと長いのでお時間のある時にでもどうぞ。
人生の晴れ舞台、素晴らしい思い出になった事でしょうね。
コメント(2件)
2010/4/30
じゃい @nttpc.ne.jp
返信する|戻る
記事のご紹介ありがとうございました。
わくわく系、宣伝はしているのですが、なかなかご利用は難しいですね。
北海道行きたいなあ~。
でも訪問看護を立ち上げたら電話当番もあるので難しいかなあ。
2010/4/30
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”じゃいさん
そう簡単には増えないでしょうねぇ。
「できる!」というように考えられないのが、
当たり前なので。
事例を積んで、
ラジオやテレビなどマスメディアで売り込んでいかないと、
そう簡単には増えないかなぁ。
知られればニーズはあるはずなんだけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る