大人も見入るおはなしめいろ

画像

「おはなしめいろ」ってご存知ですか?
杉山亮さんという作家が作ったポスターです。
迷路をすすんでいくと、
おななしもすすんでいきます。
間違った道に行ってもお話は続きますが、
話が変な方向に行ってしまい、終わってしまうのです。

おむすびころりん
「あるひ、おじいさんはかわにいきました。
すいかがながれてきたので、ひろってすいかわりをしました。」
「おむすびのなかみはかにでした。
かにはおじいさんのしたをはさみでチョキンときりました。
それからおじいさんは
したきりじいさんとよばれるようになりました。」

正しく迷路を抜けられれば、
正しい「おむすびころりん」が読めるというわけ。
お試しでやってみるならこちら。
http://www.froebel-kan.co.jp/meiro/index.html
間違っても楽しい、
うまく行っても楽しい。
なかなかいいポスターなのですが、
最後まで行くのは、結構時間がかかります。
大人の方が見入っていることが多いような気がするのは、
気のせいでしょうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る