ロバ日記

ふきのとうはふきの子、つくしはスギナの子

雪がほとんど溶けて秋蒔き小麦の芽が
気持ちの良い色になってきました。
「和みの風」のまわりでも春を感じさせる物がちょこちょこと。

画像

こちらは福寿草。
濃い黄色が地面にとても映えます。
北海道の花達には色が濃い物が多いです。
桜にしても本州に比べて色が濃いんですよ。

画像

こちらはご存知「ふきのとう」。
これが育つと「ふき」になります。
北海道に来るまでは、知りませんでした(汗)。
早速かぁちゃんが取って来て、
ふきみそを作る様です。
春の味も楽しめますね。
まだ生えてきませんが、
「つくしんぼ」って雑草の「スギナ」だったんですね。
別名「すぎなのこ」というのは知っていましたが、
スギナと繋がっていませんでした…。
ちなみにこのスギナ、
とりにくく、すぐ生えてくる雑草なので嫌われ者です。
「さくら」は大好きみたいですが。
もう少ししたら桜のつぼみも膨らみ始めます。
開花予想は5月2日。
調度ゴールデンウィークが見頃だそうです。
去年の様に全く咲かないということはないようで安心しました…。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2022.4.22

どうみん割を始めました

ニュースの発表でご存知の方も多いかと思いますが、どうみん割が5月31日までに延長となりました。和みの風も延長に合わせまして、どうみん割適応…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る