ロバ日記

60年の歴史に幕!羽帯駅がその役割を終えました

先日こちらでご案内した通り、羽帯駅が最期の日を迎えました。

多くの方に見送られた最後の日

平成30年3月16日、60年の歴史を終え、静かに駅名が消えました。
清水町観光協会の主催で行われた「さよならイベント」。
多くの方にお越し頂き、とても賑わいました。

この時のために「羽帯駅グッズ」を
作成してくれた業者さんがおり、
テントの前は人だかり。
やはり鉄道を愛する方は
思い入れが違うのですね。
プロだけあって、作品の完成度も高いです。

この日のためにスタンプまで作ってあり、
思い出に押していった方も多かったようです。
なんと羽帯駅まんじゅうまでありました。
この駅でまんじゅうが売れたのは
最初で最後だったと思います(笑)。

最後の日ということでマスコミも続々。
地元の十勝毎日新聞はもちろん、北海道新聞、毎日新聞、
それにNHKやSTVなどのテレビ局も取材をされていました。
この男の子、手作りでポスターを作ってきたのでいろんな方に取材されていました。
明日、ちょっとした有名人ですね(笑)。

16:55、皆様に見送られながら帯広行きが発車しました。

一つの駅が消える意味

さよならイベントでお手伝いをしていると、送迎バスから降りてきた1組のご夫婦がいました。
70代後半と思われるのご高齢の方です。
両方に杖を持ち、ややおぼつかない足取り。
バスから駅まで多少歩く必要があるので、ちょっとした見守りをしながら。

奥さんが先ほどの「羽帯駅グッズ」や「清水町特産品」を見ている間、
駅のそばで立っていました。
風も強く、寒さも厳しかったので、バスからのお見送りをご提案しました。
お二人は足下の悪い中、ゆっくりと戻っていきました。

聞くと、この近所で50年程住まれていたとのこと。
廃止になると聞き、最後は自分の目で見たいとわざわざお越し頂いたのです。
とうの昔に巣立った娘さんが学生の頃、毎日利用されていたそうです。

どのような思いで、最後の列車を見送ったことでしょう。
年齢から想像するに、40年以上前のことだと思います。
恐らく羽帯駅にきたのも相当久しぶりなはず。
それでも駅の風景はほとんど変わっていなかったと思います。

雨の日も雪の日も、その娘さんはこの駅を利用されたのでしょう。
そんな毎日を思い出しながら、感慨深く眺めていたに違いありません。
残念ながらその娘さんはいらしていませんでした。
北海道にすら、いないのかもしれません。

以前は栄えていた駅が利用客の減少と共に廃止となる…。
北海道は特に車社会ですから、列車の利用客は減少の一途をたどります。
続々と駅が消滅してくのは、時代の流れで仕方がないことだと思います。
一つの駅を存続させておくだけのコストを考えれば、
感情論だけで太刀打ち出来ない状態にあるのは当然です。
そして、この流れはどんどん加速していくことでしょう。
駅だけにとどまらず、線路自体の廃止も。

思い出がたくさん詰まった場所が消えていく…。
分かっていることとは言え、寂しいものですね。

羽帯駅のこれから

今日で一つの歴史を終え、羽帯駅はなくなりました。
近日中、予定通りホームが撤去されると思います。

どなたかが「何か記念碑を作ったらいいんじゃない?」と役場職員に提案していました。
実現するかは分かりませんが、それもいいのかもしれませんね。
せっかくなので、ぽつんと建つその風情を残してあげられたらとも思います。

この小さな駅を見守っていた地元の方、JRの職員さん、今までありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

宿からのお知らせ

2018.6.8

〜共栄橋通行止めのご連絡〜 鹿追・上士幌方面へ行かれる方はご注意を

平成30年5月16日より、近所の共栄橋が通行止めとなりました。 橋脚(土台)が傾いたため道路がくぼんでしまっています。 写真で見ると一…

おすすめ記事

以前の記事

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る