ロバ日記

「砂糖の原料は?」に「サトウキビ!」だと20%の正解、なぜ?

この山のように積まれた作物、
なんだかわかりますか?
これは「ビート」と呼ばれる作物。
「甜菜(てんさい)」とも呼ばれますね。
砂糖の原料になるんです。

よく砂糖の原料は「サトウキビ」と思われますが、ビートの方が圧倒的に生産量が多いです。
日本で作られる砂糖の原料は80%近くがこの「ビート」。
そして、ビートは北海道でしか生産されていないんですよ。

な〜んて、知ったかぶって書いていますが、私も全然知りませんでした…。
十勝に引っ越してきて初めてその存在を知りました。
それにしても、なかなか「ビート」と言われてもなじみがないですよね。

ビートの畑は青々しています。
固そうな葉っぱが並ぶ畑に、
ちょっぴりビートが見えています。

 

 

収穫はこのポテトハーベスターでゴロゴロと。
これはポテトと名が付くだけあって
ジャガイモを収穫する機械なんですね。
直径30cm程、グローブくらいの大きさで重さは4kg程度はありますよ。

びっくりするのはその量。
広大な畑で栽培するので、収穫量もkgではなく、tの世界。

10月中旬を過ぎると、こんなビートトラックがよく走ってます。
行き先は甜菜工場。
荷台からゴロゴロとビートが落ちますが、
荷台だけあげられないトレーラーについては、トレーラーごと上げてます(笑)。

写真はちょうど降りてくる所で、この2倍は上がってました。

加工しきれないビートは保管場所へ。
山のように積んで、春まで寝かせておきます。
その量たるや…。

砂山にしか見えません…。
こんな山がシートを掛けられ、いくつも並んでいるんです。

工場に運ばれたビートは加工されて砂糖になります。
その行程はこちらに詳しく。

ビートはほうれん草の仲間。
なので、加工工場はホウレンソウをゆでたような匂いがします。
清水駅周辺や芽室町で、そんな匂いがしたら近くに甜菜工場があると思っていいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る