ロバ日記

写真向きの風景、絵画向きの風景

こちらでご紹介したご夫婦、奥さんになる方は美術の先生。
食事も終わりゆったりとお話をしていると、
絵についてこんなお話が。
「富良野はあまり絵に向かない風景なんですよ」と。
……?
今イチピンと来ていない私。
「いい写真が撮れる風景では、
あまりいい絵は描けないんですよ」と続きます。
その点十勝はいい絵になるとの事。
つまり、
写真を撮るのにいい風景と、
絵を描くのにいい風景は違うとの事なんです。
(で、いいんですよね?)
同じきれいな風景を残すということでも、
写真か絵画かという手段の違いで、
求める題材が違うという事に驚きました。
考えてみれば、
富良野周辺には写真の美術館がたくさんあります。
絵画の美術館はそれ程でもないような。
逆に、十勝の風景は写真で見るよりも、
油絵等で描かれたものの方がよく見ます。
美術館もしかり。
富良野周辺は丘だったり、
花のコントラストだったりが魅力的ですね。
そういったものの描写は写真の方がより良く、
十勝の様な広大な大地を表現するには、
絵画の方が人を引きつけるのかもしれません。
妙に納得してしまいました。

画像
こちらは写真を加工したもの。
油絵でも描いてのせられればいいのですが、そんなセンスはありません…。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る