ロバ日記

三方六の端っこ、耳、切れ端

画像

三方六と言えば十勝を代表するお菓子屋「柳月」の看板商品。
バームクーヘンなので、
鉄の棒に生地を巻き付け、焼く事を繰り返します。
そしてどうしても出来てしまうのが切れ端です。
こちらを見ると三方六の作り方がよくわかります。
実はこれが人気商品でして、
音更の工場でも並んで買う程、人が集まるとか。
私もその存在は知っていましたが、
買う事はありませんでした。
ある日、
この切れ端をかぁちゃんが買って来たのです。
何と清水町の「本田菓子果実店」に売っていたとか。
へぇ~。

画像

ほぼ1kgとかなりのボリューム。
そしてお値段630円。
ちょっと調べてみると、
下は470円から上は780円と結構ばらつきがあります。
思ったより色々な所で売られているんですね。
一番消費するはずのかぁちゃんが
娘のアレルギーのために食べられないので、
私がぱくぱく頂きました。
ごちそうさまでした。
コメント(4件)
2010/4/19
ミズキ @ezweb.ne.jp
返信する|戻る
すごい料金 上乗せして販売してますね~
2010/4/19
和みの風 @plala.or.jp
返信する|戻る
★”ミズキさん
それだけ需要があるってことで(笑)。
2010/4/19
ふぅ~ @ocn.ne.jp
返信する|戻る
新得でも売っています。我が家ではデコレーションしていちごをのせてクリスマスケーキにしました(^.^;;
端っこ好きな私は、市販のものより好きで~す。
2010/4/19
わいだっしゅ @hi-ho.ne.jp
返信する|戻る
 実家のそばに有名なバウムクーヘン屋があります。
そこでも切れ端は人気でした。
また海老名にある中村屋工場でもカステラの切れっ端は大人気でした。
 実は一番おいしいとこかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

ページ上部へ戻る