ロバ日記

北海道の道の上にあるこれ、な~んだ

画像

画像北海道旅行をした方の
多くが見るこれ。
一体何のためにあるんでしょう。
北海道に住んでいる方なら分かりますね。
ちなみにこの名前は
「矢羽根」というそうです。
この矢羽根、道がある所ず~っとついています。
え、分からない?
実は冬になるとよく分かるんです。
この標識より内側が道路と分かるように出来ているんです。
除雪する際の目安になったり、
除雪されていない場合に走る時に有効です。
一面真っ白になってどこまでが道路か分からなくなる事があるんですね。
この矢羽根の外側が歩道の場合も多いです。
雪国には欠かせない標識の一つですよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2018.6.8

〜共栄橋通行止めのご連絡〜 鹿追・上士幌方面へ行かれる方はご注意を

平成30年5月16日より、近所の共栄橋が通行止めとなりました。 橋脚(土台)が傾いたため道路がくぼんでしまっています。 写真で見ると一…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2019年8月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る