ロバ日記

「床ずれ」も出来たし「脱腸」にもなった

画像

ようやく安定して立てるようになった「くるみ」です。
実は寝たきりの頃「床ずれ」が出来ていました。
私は看護師ですから、
「床ずれ」は作らせない、
と思ってはいたものの、
体の重さと床の湿気、
それからずって動く事から来る「ずれ」などにより、
やっぱり足の付け根に出来てしまいました。
まぁ、立てるようになったので、
結局すぐに治ったのですが、
もし立てなかった時の事を考えると、
どれだけ悪くなるのか想像もつきません。
感染を起こして発熱する事も十分に考えられる事です。

画像

病院で使う様な皮膚保護材なんかを使っちゃいました。
治りが早かったかどうかは分かりません。
圧迫されない事の方が効果があったのは間違いないので。
実は、もう一つ問題があったのです。
それは「脱腸」。
専門的には「直腸脱」と言います。
汚い話ですみません。
肛門から腸が出てしまうんですね。
おそらく寝ていたので、
腸が圧迫されて出てしまったのかと。
手で押し込めば戻るのですが、
なにぶん寝たきりだったので、
すぐ戻ってしまいます。
立ち上がるのはもう無理かと思っていたので、
何度もしませんでした。

画像

立ち上がるようになったので、
再び治療の開始です。
獣医さんに教えてもらい、
こんな器具をつけてました。
ゴムひもが調度うまい具合にお尻を圧迫して、
立っている時は出なくなりました。
そしてそのうちほとんど気にならなくなるくらいに。
結局この器具もどれだけ効果があったのかは分かりません。
やっぱり四つ足動物は立たなきゃだめなんですよね。
そういう風に出来ているんです。
いやぁ、それにしても立ってくれて本当に良かった。
今日も「くるみ」はよくえさを食べてます(笑)。
早く青草を食べさせたいですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2018.6.8

〜共栄橋通行止めのご連絡〜 鹿追・上士幌方面へ行かれる方はご注意を

平成30年5月16日より、近所の共栄橋が通行止めとなりました。 橋脚(土台)が傾いたため道路がくぼんでしまっています。 写真で見ると一…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2019年11月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る