ロバ日記

サクラ、外科手術

ロバの「さくら」かと思って心配させてしまったらごめんなさい。
病気になったのは庭にある桜の木。
以前書いた病気がうちの桜にもかかってしまった様です。

画像

枝の根本にぼこぼこしたこぶが出来、
そこから先には葉っぱが生えません。
変なキノコがたくさん生えて来ています。
調べてみると「こうやく病」という病気みたい。
とにかく早めに切ることが一番と。
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という言葉があるそうです。
梅は早めの剪定が大切、
桜は出来るだけ切らない方がいいと言う教えだそうですよ。
それだけ桜は剪定に弱いそうなんですね。
とは言え、病気ならば仕方がありません。
少しでもダメージが少なくなるよう、
全部葉が落ちてから処置をしました。
では、手術を始めます、って大げさですね。
チェンソーを使ってバッサリいきます。
直径15cm程度の枝なのですが、
ちょっと切りにくい位置にあり、
時間がかかりました。
枝分かれしている所にも切った方がいいものがあり、
なかなか大変。
ウィィィィィ~ン、ガガガガガ~。
あまりチェンソーなんて使ったことがないですが、
まぁ何とか終了。
画像次は薬を塗ります。
木口から雑菌が入らない様、
治癒が速く進む様に
薬を塗るんです。
これ、
トップジンMペースト
ペーストとあったので
もっと粘っこいものかと思ったのですが、
思ったよりさらさら。
調度水性絵の具くらいの粘度です。
これを、木口に塗り塗り。
切った所が広かったので、
チューブ3/4くらい使いました。

画像

切り取った木を薪にする為に玉切りしていたら、
急に雨が…。
患部が濡れない様にする為に、
急遽、ビニールで覆いました。
さて、うまく育ってくれればいいのですが…。
大丈夫か心配です…。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿からのお知らせ

2018.6.8

〜共栄橋通行止めのご連絡〜 鹿追・上士幌方面へ行かれる方はご注意を

平成30年5月16日より、近所の共栄橋が通行止めとなりました。 橋脚(土台)が傾いたため道路がくぼんでしまっています。 写真で見ると一…

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

おすすめ記事

以前の記事

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る